読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

2人目、3人目からでもおすすめな、ベビーグッズ。


ads by google

3人目の育児。わが家の場合、上の子ふたりで使ったベビーグッズを残してあったため、新たに購入したものはほとんどありません。

そんな中、追加で買って、とても良かったと感じている物が3つあります。

f:id:berry-no-kurashi:20170513171708j:plain

1.ベビーチェア

3人目が産まれた後、追加で買ってよかった物。ベスト1は、イングリッシーナのベビーチェアです。

上の子ふたりが赤ちゃんの時、食事用のチェアにはコンビのハイローベットチェアを使っていました。背もたれを倒せば簡易ベビーベッドになり、背もたれを起こせば食事用に使えました。ただ、チェアが少々低めで高さがわが家のダイニングテーブルに合わないのと、食べこぼしでカバーが汚れた時、カバーを外して洗濯するのに手間がかかりました。

そこで、3人目用として、新たにベビーチェア探し。色々と比べた結果、つくりが頑丈で安定感があり、カラーもいろいろ選べるところが気に入ってイングリッシーナのベビーチェアを購入。

f:id:berry-no-kurashi:20170513171709j:plain

わが家では、カーテンの色に合わせてライムを選びました。別売りのテーブルは、食事の後に外して水洗いができ、清潔に使うことができます。そして何より、家族みんなでテーブルを囲めるところが嬉しいです。次男が離乳食を始めたのは6か月からでしたが、5か月から一緒に席に着いて、一緒にごはん時間を過ごしています。

※イングリッシーナファストのベビーチェアは、テーブル取り付け型のため、テーブルの厚みなどよっては取り付けできません。私はこちらのこちらの「取り付けチェッカー」で、取り付けが可能なことを確認してから購入しました。

 

2.カルカヤたわし

2つ目は、以前こちらの記事でも紹介した、亀の子たわしの「カルカヤたわし」です。

f:id:berry-no-kurashi:20170513171710j:plain

離乳食を作る時は、ごますりを使います。このごますりを洗う時に、このたわしが大活躍。スポンジで洗おうとすると、スポンジの細かなクズが出てしまいますが、カルカヤたわしを握ってシャカシャカ洗えば、隙間に入り込んだ食べ残しも、すっきりきれいになります。

もともとはベビーグッズとしてでなく、亀の子たわしで有名な亀の子束子西尾商店さんが「昔ながらのたわし」として販売しているものですが、ごますりを使って離乳食を作っている方に、ぜひおすすめしたい一品です。

 

3.無印良品の「オーガニックコットンマイバッグ」

わが家のベビーグッズの大半は、A4サイズのマイバッグに収納しています。無印良品のマイバッグは、絵柄のないシンプルさがお気に入り。価格も税込250円(2017年5月現在)とお手頃なので、追加で何枚か購入しました。

ベビーベッドにフックで吊り下げ、片方には紙オムツとおしりふき、スタイやガーゼ。もう片方にはおもちゃ。

f:id:berry-no-kurashi:20170513171711j:plain

ベッドはキャスターでころころ動かせるので、赤ちゃんグッズも一緒に移動可能です。オムツ替えをベビーベッドでしているので、ほしい物がすぐ手に届き、便利です。

ご参考になれば嬉しいです^ ^

 

「赤ちゃんの子育て」の関連記事は、こちらでも。

◇子供の医療証や母子手帳は、ジッパー付きファイルで保管しています
◇産後の抜け毛。こうオーダーすると、カットがスムーズかも。
◇子供の「見て見て」と、やりたいことのバランス
◇保育園の送迎を夫婦で分担するため、工夫している4つのこと
◇お母さんだって、自分の時間がほしい時がある