ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

歯の定期検診に行ってきました。検診の頻度と、かかる費用


ads by google

定期的に、子供を連れて歯の定期検診を受けています。

f:id:berry-no-kurashi:20180127163704j:plain

口の中の健康を保つのは、とても大切。

虫歯にならないように毎日丁寧に歯磨きするのはもちろん、

定期的に、歯医者で歯の状態をチェックしてもらいます。

 

検診の頻度 

掛かり付けの歯医者には、4か月に一度通っています。

検診の内容は、

  • 歯と歯茎の状態チェック
  • 歯石除去
  • 歯の着色汚れ除去
  • 全体の仕上げ磨き
  • フッ素塗布
  • 家で歯を磨く時のアドバイス

です。

この内容を、2回に分けてケアしてもらいます。

 

歯石は、歯垢がガチガチに固まってできるものなので、

歯についてしまうと、歯医者の専用器具でないと取れないそうです。

歯ブラシでは取れないので、歯医者で除去してもらうしかありません。

 

歯石があると、その歯石を温床にして細菌が増え、

口の中の細菌が増えると、虫歯になりやすくなります。

 

自分で歯石を取ることができないのであれば、

定期的にプロの手を借りてケアするのが一番です。

 

 

かかる費用

わが家は、保険の適用範囲でケアしてもらっています。

子供達の分は、医療費助成制度で自己負担なし。

(今住んでいる地区では、子供が中学校を卒業するまで保険診療の自己負担分について医療費を助成してくれます)

 

私の検診費用は、2回通って3,000円程度です。

 

虫歯が見つかれば、追加で治療費がかかります。

さらに、痛みに耐えて治療しなくてはなりません。

検診を受けて虫歯を予防できるのであれば、2回で3,000円なら安いものです。

 

検診後は口の中がすっきり

歯石を落としてもらって、口の中がすっきり。

私はコーヒーや紅茶、赤ワインもよく飲むので、

いつの間にか歯の表面に付いた着色汚れも、きれいに落としてもらえました。

 

「お土産」は、全員分の指導文書。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180127164139j:plain

 

小3の長男と保育園年長の長女の指導文書では、

仕上げ磨きの際に注意した方がいい個所も教えてもらいました。

(歯の凸凹が多く念入りに磨いた方がいい部分や、

フロスを通した方がよさそうな部分など)

 

今後も定期的に検診に通って、

自分の歯も、家族の歯も守っていきたいと思います^ ^。

 

▽参考になる記事が、たくさん(ブログ村テーマ)。 

お口・歯のケア
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
子育てのつ・ぶ・や・き
子どものいる暮らし。
 小学生&幼稚園児のママ☆

 ▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ