ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

「ハロウィンお菓子探し」。子供が大きくなって子育てが終わっても、思い出すと思います


ads by google

わが家の恒例、「ハロウィンのお菓子探し」をしました。

f:id:berry-no-kurashi:20171031082721j:plain

今日は保育園でもハロウィンを楽しんだ様子。

1歳の次男は、先生の手作りマントを持って帰ってきました。

f:id:berry-no-kurashi:20171031194112j:plain

(保育園の先生たちは、本当に工作が上手です!)

 

次男のマントを見た保育園年長の長女は、

「いいなあー。・・・そうだ、自分で飾りを作ろう!」と、

画用紙に絵を描いて、即席ワッペンづくり。

私が作った地図の表紙を見ながら描いて、あっという間に胸にぺたり。

f:id:berry-no-kurashi:20171031194104j:plain

長女の準備が整って、長男と長女で、いざお菓子探し開始!

今年のなぞなぞは、3つです。

 

おばけ1:

「あたらしくなかまになった みどりいろの ちかくにいるよ」

→最近買った、観葉植物のそばにお菓子を隠しました。

 

おばけ2:

ぞうときりん、ひよこと いっしょにいるんだー」

→子供部屋の、動物将棋の箱のそばにお菓子を隠しました。

 

おばけ3:

「うーん、しろい フカフカのおふとんみたい。きもちよくねむっちゃうよー」

→脱衣所のタオルコーナー(たたんだ白いフェイスタオル)に隠しました。

f:id:berry-no-kurashi:20171031082650j:plain

 

地図は家の間取りを描いたのですが、すぐには見抜けなかった様子。

いちばん苦戦したのは、脱衣所の「しろいフカフカのおふとん」。

白=お米、と思ったようで、キッチンの炊飯器を開けて中を覗き込み、

「ない・・・どこ・・・」と迷っていました笑。

 

「どこー!」「あそこかな?」「あったー!!」を繰り返し、

3つ全部クリアした長男と長女。

長男と長女には、ハロウィンらしいお菓子と、駄菓子。

次男には、いつも食べている赤ちゃんせんべい。

今日は特別に、夕飯前にちょっとお菓子を食べました。

f:id:berry-no-kurashi:20171031194055j:plain

f:id:berry-no-kurashi:20171031082707j:plain

 

 今年で3年目の、ハロウィンお菓子探し。

「ハロウィン、楽しみだねー!」

「お菓子探し、待ち遠しいな」という子供たちの言葉は、

子供が大きくなってお菓子探しをしなくなっても、

子育てが終わっても、

ハロウィンの季節になったら毎年思い出す、

私の宝物になると思っています。

 

 

▽子育てブログが、たくさん読めます。

笑顔になれる子育て
子育て日記今日のうれしい出来事   -子育て-
 子どものいる暮らし。
笑顔になれる子育て
女の子のパパ・ママ
**男の子のママ・パパ**
 育児の合間にハンドメイド
小学生&幼稚園児のママ☆

 

 ▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ