ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

子供時代の私をいちばん不安にさせたものから、考えたこと


ads by google

子供の頃、私をいちばん不安にしたものって何だったっけ。

f:id:berry-no-kurashi:20170909184851j:plain

ふと考えた時、思い浮かんだもの。

それは、母の不機嫌な顔でした。

 

母は基本的に、明るい人です。

そして、自分にとても正直な人。

思ったことは何でも口や態度に出す。

出さずにはいられない、非常にストレートな性格です。

 

(同時に、子供を何よりも大切に思っている人でもあります。

私や妹が家を巣立った今でも、変わりません。)

 

そういう性格なので、母の機嫌はいつも手に取るように分かりました。

何かあったら、子供の前でも隠さない(隠せない)人だからです。

 

家で、母が不機嫌な顔をしている。

それだけで、外であった楽しかった、嬉しかったことを
すべて打ち消してしまう力がありました。

 

逆に、母が笑っている時。

お腹が空いていても、学校で何かあった日でも、
全て「何とかなる」気にさせる力がありました。

今思うと。

 

そして、今。

結婚し、母親となった私。

私の笑顔が、家の雰囲気を大きく左右することを感じています。

 

私が笑っていると、子供も笑う。幸せそうに。

私が笑っていると、夫も笑う。幸せそうに。

 

自分の気持ちが下向いている時でも、
笑顔でいた方がいいということではありません。

取り繕いは、子供や夫に伝わります。

何よりも、その無理は、自分がいちばん分かります。

 

自分のことは、自分で機嫌よくする。

家族がいる今、この力が、より大切になっている気がする。

 

自分で自分を機嫌よくして、笑顔でいること。

それが今の私に大事なんだと思うのです。

 

ランキングに参加しています。いちごの写真のクリックで、応援いただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

こちらも応援、よろしくお願いいたします^ ^