ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

季節の上生菓子を買う愉しみ。東京・神楽坂にある「梅花亭」の素敵な和菓子


ads by google

美味しい和菓子に、目がありません。

f:id:berry-no-kurashi:20180128152126j:plain

どら焼きに羊羹、豆みつに最中。

好きなものはたくさんあるけれど、

いちばんときめくのは、上生菓子(じょうなまがし)です。

 

四季折々の花や風物詩を、ひとつのお菓子で表現する。

見て愉しく、食べて美味しい。

日本ならではの繊細なお菓子だと思います。

 

神楽坂を散歩する時に必ず立ち寄るのが、

梅花亭」(ばいかてい)です。

f:id:berry-no-kurashi:20180128152116j:plain

神楽坂に80年以上も前からある、小さな和菓子屋さん。

最中や豆大福もたいそう美味しいのですが、

私は何といっても上生菓子が好きです。

 

季節によって作られる形が違うので、

お店を訪れるたび、数か月前とは違うお菓子に出会えます。

f:id:berry-no-kurashi:20180128152050j:plain

 

この、季節を愉しんでいる感じが何とも言えず好きなのです。

たいてい2個買って(時には奮発して4個買う時も!)、

夫とコーヒーを飲む時のおやつにします。

普段あまり甘いものを食べない夫も、

上品な甘さの上生菓子は大好きです。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180128152059j:plain

 

もの作りが大好きなわが家の工作ガール(保育園年長の長女)は、

「何これ!?すごくきれいー」と目を輝かせます。

(そして、何口か食べられてしまいます)。

 

上生菓子を家族でいただく。

私のちょっとした贅沢です^ ^。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^ ^。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ