ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

片付けは、まず小さなスペースから


ads by google

片付けを始める時には、コツがあります。

f:id:berry-no-kurashi:20171119114400j:plain

それは、ごく小さなスペースからスタートすることです。

 

すっきりと片付いた状態に身を置くことは、気持ちいい。

分かっていても、日々過ごしていくと、

自分のものや家族のもので、雑然としてくる時もあります。

 

片付けよう、と思う時は、まずは小さなスペースからスタートします。

例えば、キッチンの引き出しを、ひとつ。

 

わが家のキッチンには、

缶詰、粉物、乾物などをストックする引き出しがあります。

 

この引き出しのひとつを、整理してみる。

方法は、簡単です。

一度全部出してみて、中を拭く。

そして、自分が使いやすいように並べていきます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20171119114409j:plain

そうすると、小さなことでも改善ができることに気付きます。

例えば、 

  • ラップの並べ方 → よく使う方を、利き手の右側にする
  • ビニール袋を置く場所 → 毎日のように使うので、奥ではなく手前に置く

などです。

 

2種類持っている物は、よく使う方を、利き手側に置く。

毎日のように使うものは、取り出しやすいように手前に置く。

 

そして、いつの間か余分に持っていたものは、少し手放す

今回は、針金をいくつか処分。

パン屋で買ったパンの、ビニールの口をしばってあった針金。

ベージュの色が好きで、うちでも使おうと思っていたら、

いつの間にか10近くたまっていました。

f:id:berry-no-kurashi:20171119144604j:plain

 

ひとつを整理整頓したら、不思議と「次も」いう気持ちになります。

ひとつがきれいにできたことを弾みに、

連鎖して、他の場所も「片付けたい」という気持ちになります。

 

引き出しでもいいし、靴箱でもいい。

書類置き場でも、洗面台でもいい。

どこか小さなひとつを片付けて、動きたくなったら次へ。

 

その繰り返しが、暮らしやすさに結びついていくのだと思います^ ^

 

 

▽掃除や片づけのヒントが、たくさん。 

掃除・片付けのコツ
すっきり暮らす
もっと心地いい暮らしがしたい!
片付けて プチストレスをなくしていく
スッキリさせた場所・もの
掃除&片付け

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ