ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

帰省や旅行の荷物。荷造りする時の、ひと工夫


ads by google

帰省や旅行の荷造りで、ひとつ工夫を加えることにしました。

f:id:berry-no-kurashi:20180429164534j:plain

荷造り、荷物運びは楽になったけれど・・・

上の子達が大きくなってきて、荷造りや荷物運びは楽になってきました。

小4の長男と、小1の長女。

荷造りの時には、「下着○枚、靴下○枚・・・」と私がリストを読み上げます。

リストをもとに、長男と長女は自分の分を用意。

 

夫は自分で、自分の分を用意。

私は、自分と1歳の次男の分のふたり分を用意すればいいだけになりました。

 

長男と長女は、自分の荷物は自分で持ちます。

子供達のバッグは、無印良品のパラグライダークロス生地のリュックです。

このリュック、たっぷり入ります。

でも、リュック自体の重量はとても軽いところがお気に入り。

 

関連記事: 

www.berry-no-kurashi.com

 

楽になった一方・・・ 

子供達自身が荷造りし、バッグを持ち運びできるようになって楽になった一方。

もっと幼い頃のように私が持ち物を選ぶことがなくなったので、

「何を持ってきたか」ということが分かりにくくなりました。

 

そこで、ひと工夫。

用意したグッズをリュックに詰める前に、写真を撮っておくことにしました。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180429164524j:plain

 

一人分ずつ、持ち物全体を撮影。

撮っておけば、帰りの荷造りは写真を見ながら、

「入れ忘れはない?」と確認しやすいはず(と期待)。

 

特に、旅行に比べて帰省の場合は、

洗濯もしてもらえるので忘れ物をしがち。

 

このひと工夫で、

あ~、あれ忘れてきちゃった!がなくなるといいなと思っています^ ^。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。