ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

銀行預金しか知らなかった私が、投資信託を始めたきっかけ:子育て世代の資産運用1


ads by google

2008年から、投資信託で資産運用しています。

f:id:berry-no-kurashi:20170910224512j:plain

きっかけは、長男の時の育休。

育休の間に、何か新しいことを始めたいと思っていました。

そのひとつが、資産運用。

本を読んで勉強し、ネット証券のMONEX(マネックス)に口座を開設。

小さくスタートを切ったのです。

 

預金や貯金しか、知らなかった

「お金は大切に貯金しておきなさい」。

親からは、銀行預金や郵便局貯金を教えられて育ちました。

大人になって就職しても、お金の管理と言えば、銀行への預金一筋。

お給料が振り込まれたら、生活費を引き出す。

次に、旅行のために、貯蓄用の口座へ一定額を移す。

残りは、そのまま預金。

他には、勤め先の給与天引きで、財形貯蓄をコツコツ。

お金を殖やすには、生活費(=出ていくお金)を上手にやりくり。

残せば残すほど、お金が貯まる。

そういう「殖やし方」でした。

 

「貯まる」が「殖えない」、預金や貯金

ところが、そのうちに気づきます。

「貯まる」けれど、「殖えない」。

銀行の普通預金の金利が0.001%という時代です。

100万円を1年間預けたとして、つく利子は10円。

税引き後で、なんと7円です。

預金すれば、貯めることはできるけれど、殖えない。

社会人何年目かで、そう学んだのでした。

 

お金の勉強は、学校では教わりません。

また、家庭で親が子供に教えているという家も、少ないのではないでしょうか。

少なくとも、私が親から教わったのは「預金」だけでした。

 

育休の間に、資産運用を勉強

そして、2008年。

長男の育休をタイミングに、資産運用の本を読み始めました。

一人目の子供だったので、長男が寝れば、静かに本が読めたのです。

お金にも働いてもらって、資産を増やす方法。

小さなリスクで、小さなリターンを得ることから始めてみよう。

そう考えて選んだのが、投資信託でした。

 

わが家は夫と財布が一緒です。

勉強しながら資産運用を始めてみたい、と言う私に、
夫はふたつ返事で快くOKをくれました。

 

時は、リーマンショック。

株価がどんどん下がる中、投資信託を買い始めました。

今振り返ると、ラッキーなタイミングだったと思います。

それ以前に始めていたら、値下がりが怖くて運用が止まってしまったかもしれない。

始めたばかりの私は、そこまで怖さを感じることなく、毎月淡々と買い始めました。

TOKYO MXテレビで見る「東京マーケットワイド」で見る株価が、

毎日毎日真っ赤(=値下がり)だったのを覚えています。

 

わが家の資産運用。少しずつご紹介していきたいと思います。

 

(写真は、最近読んだ『1000円投資習慣』(内藤忍、SB Creative)。

資産運用は、ずっと内藤先生の本で勉強しています)

 

ランキングに参加しています。いちごの写真のクリックで、応援いただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

こちらも応援、よろしくお願いいたします^ ^