ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

みつろうクリームで、テーブルのお手入れ。自然素材で作られた、安心な木工製品用ワックス


ads by google

ダイニングテーブルを、お手入れしました。

f:id:berry-no-kurashi:20171207125350j:plain

わが家のダイニングテーブルは、

無印良品の木製テーブル(タモ材、6人掛け)です。

色は、ナチュラル。

木目の色や、手で触った時の感覚が好きで、このテーブルを選びました。

 

購入して、数年。

毎日使ううちに、少しずつ、キズも付いてきました。

いつもの掃除では固く絞った布巾で拭き上げるだけですが、

今回、とてもいいお手入れグッズを見つけました。

それが、木工用みつろうクリームです。

 

f:id:berry-no-kurashi:20171207125426j:plain

 

缶に、クリーム色のみつろうクリームが入っています。

f:id:berry-no-kurashi:20171207125418j:plain

蓋をあけると、ほのかな木の香り。

見た目も、質感も、香りも大好き。 

 

木製家具用のワックスの中には、

有機溶剤や乳化剤などが入っているものもあるようです。

でも、この「木工用みつろうクリーム」は、自然素材で作られているそう。

原料は、

  • 蜜蝋(みつろう)
  • 富山県産菜種油
  • 亜麻仁油
  • 椿油
  • 青森県産ヒバ油

とのこと。

口に入っても問題ないもので作られているところが、

とても安心です。

 

テーブルでは、朝晩、家族でごはんを食べます。

1歳の次男は、テーブルにぽろぽろ、ごはんやおかずをこぼします。

有機溶剤の入ったワックスなら気になりますが、

みつろうクリームなら、テーブルにごはんがこぼれても気になりません。

 

肌寒いこの時期、みつろうクリームは白っぽく固まっています。

ウエスに少量取って、テーブルに塗っていきます。

f:id:berry-no-kurashi:20171207125410j:plain

 

テーブルに、薄く薄く塗っていきます。

白く固まっていたはずなのに、塗り始めると、とても伸びがいい。

f:id:berry-no-kurashi:20171207125401j:plain

 

塗っていくと、テーブルに適度な艶が出ます。

ほのかに、ヒバの香りもします。

ベタベタはしないのに、

手で触ると、油分が補充できていることが分かります。

磨いていると、もっともっと大切にしたい気持ちになってきます。

 

このみつろうクリーム、テーブルの他にも、

フローリングやカウンター、椅子や木製楽器など、

あらゆる木工製品に使えるそうです。

近々、椅子にも塗りたいと思っています。

 

家族と時を刻んでいく、木製家具。

これからも、お手入れしながら大切に使っていきたいです^ ^。 

 

 

▽物のお手入れ、使い方。いろいろな記事が参考になります。

物を大切にする暮らし
すっきり暮らす
もっと心地いい暮らしがしたい!
日常の小さなできごとを愛する生活
シンプルで豊かな暮らし

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ