ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

人間ドックを受診しました。「自分の肉体の内側」のことを考える、貴重な機会


ads by google

年に一度、人間ドックを受けるようにしています。

f:id:berry-no-kurashi:20171123074353j:plain

普段、子供のことではお世話になっても、

自分のことでは滅多に病院にはかかりません。

今のところ自覚している不調は特にありませんが、

今年も人間ドックで検査してきました。

 

検査までの流れ(前日の夜から当日) 

当日の検査は、13時半からスタートでした。

案内文書には、

  • 前日の夕食は普段どおりで構わない(ただし、アルコールは控える)
  • 当日の朝食は朝7時半までに終えること
  • 朝食後、水、白湯、お茶(無糖・ノンカフェイン)は飲んでよい

とありました。

 

普段は、ちょこちょこと間食するほうです。

食事から食事の間に6時間空けるのは、ずいぶん久しぶり。

なんだか口がさびしい気がして、何度も柿茶を飲んでしまいました。

いつもどれだけ間食しているのか・・と、ちょっと反省。

 

▽柿茶の関連記事

◇楽天お買い物マラソン、2017年10月。今回購入するもの

 

検査内容 

今回受けた検査は、以下のようなものでした。

  • 問診
  • 胸部X線検査
  • 腹部超音波検査
  • 上部消化器系検査(内視鏡検査)
  • 身体測定
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 検便
  • 婦人科検診(オプション)
  • マンモグラフィ検査(オプション)

 

内視鏡検査で胃にカメラを入れるのは、生まれて初めて。

簡単な説明を受けた後、口からではなく、

鼻から細い内視鏡を入れる「経鼻内視鏡検査」となりました。

口から入れるのに比べ、咽頭や舌の反射がなく、苦痛がずいぶん減るそうです。

 

検査を終えて 

検査を受けながら、この半日は、

普段あまり意識しない「自分の肉体」と向き合う時間となりました。

 

特に、内視鏡検査の胃カメラ。

モニター越しに、初めて見る自分の食道、胃、十二指腸。

まさに「生」の内臓を見ながら、不思議な気分。

 

当たり前のことながら、

内臓ひとつひとつが体内で連携して働いて、自分は生きている。

この内臓に負担がかかるものはなるべく避けようと、自然と思えます。

 

体あっての、自分。

自分の肉体の内側のことを考える、いい機会となりました。

 

 

▽健康に関する記事が、たくさん。 

シンプル・ミニマルライフの美容と健康
元気でいるための秘訣
女性のための美肌・シェイプアップ・健康
生活に役立つ健康情報
健康
健康は食事から・・・

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ