ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

妊娠10週、体調やつわりの状況


ads by google

今日は妊婦検診の日でした。

f:id:berry-no-kurashi:20180313122059j:plain

ただ今、妊娠10週目。

ようやく、妊娠期間の4分の1が過ぎました。

 

お腹の中の赤ちゃんの状態

エコーで様子を見たところ、頭と胴体がはっきり分かれて、少し赤ちゃんらしくなりました。

2週間前より2センチほど大きくなって、頭からお尻までの長さが29.6mmに。

この時期の赤ちゃんは、イチゴくらいの大きさと言われています。

心拍もしっかり確認できて、ひと安心です。

 

私の体調

つわりの状況

相変わらず、つわりの毎日です。

つわりの時期は、寝ている時だけが、救いの時間。

目が覚めてから眠りに落ちるまでは、常に吐き気と胸やけを感じます。

 

朝起きたら、ゲーゲーと胃の中の空気を出すことから始まります。

今回のつわりは、吐きづわりと食べづわり、よだれづわりのトリプルコンボ。

 

食べ物のことを考えると身震いしますが、

食べないとさらに気分が悪くなるのでしょっちゅう何かを食べています。

 

今回、上の子たち3人の時のつわりと異なるのは、

色んなものを食べることができること。

上の子たちの時には「この時期は○○しか食べられない」という期間が長かったですが、今回はにおいを我慢しながら、家族と一緒のものを少しずつ食べることができています。

今の時期は、いちごがとても食べやすいです。

 

そして、よだれづわり。

起きている間は、ほとんど唾液が飲み込めません。

普段は全く唾液を意識せず暮らしていますが、妊娠中は唾液の質が変わるのか、唾液が苦く、飲み込むと吐き気がします。

 

口の中にどんどん溜まる唾液。

ずっとペットボトルを持ち歩き、通勤中も、仕事中も、家に帰ってからもペットボトルに吐き出すしかありません。

 

飲んでいる漢方薬

つわり対策として、病院に漢方薬を処方してもらっています。

飲んでいるのは、「小半夏加茯苓湯」(ショウハンゲカブクリョウトウ)。

「胃の水はけの改善」を狙って飲んでいます。

 

薬局で支払ったお金は、30日分で2,500円ほど。

処方されてから毎日欠かさず飲んでいるので、飲んでいない状況と比べることができませんが、お守りのようにして飲んでいます。

(第3子の時よりも吐く回数は少ないことを考えると、効いていると信じたい)

 

その他

○○をしなくては、と思っても、すぐに動けません。

毎朝目が覚めてもしばらく動けず、いつもあっという間に30分ほど経ってしまいます。

仕事から帰ってきて、ソファで休んでからもそう。

○○しよう、と思っても体を起こして感じる吐き気が怖く、そのまましばらく横になっています。

 

そんなこんなで、わが家の色んなところで補充が切れたり、手が回らない部分が出てきています。

つわりになって、4週間ほど。

朝も晩も家事や育児にワンオペ状態になっている夫にも、かなりの疲れが見えます(ごめんね)。

 

わが家の「期間限定ワンオペ」について思うことは、また別の機会に記事にしたいと思います。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。