ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

【無印良品】簡単、手間なし!小学校や保育園からの書類整理には、再生紙ペーパーホルダーと収納スタンドを使っています


ads by google

毎日どんどん届く書類は、手間なく簡単に整理していきたいですね。

f:id:berry-no-kurashi:20180524082444j:plain

小学校や保育園、習い事先から届く、たくさんのお便り。

わが家では、子供3人分の書類を数年前から同じ方法で整理しています。

 

使っているもの

使っているのは、無印良品の2つのグッズです。

それが、再生紙ペーパーホルダー と、MDF収納スタンド

f:id:berry-no-kurashi:20180524084941j:plain

f:id:berry-no-kurashi:20180524084931j:plain

 

整理の方法

書類の仕分け

書類は、届いたその日、3種類に仕分けします。

 

  1. 記入して、小学校や保育園に戻す書類
  2. 学級だよりや給食だよりなど、読んだ後しばらく保管する書類
  3. 読んですぐ破棄してよい書類

 

枚数としては、2.の「しばらく保管する書類」が圧倒的に多いです。

これらの書類を、整理して保管します。

その方法は、とっても簡単。

届いた順に、「ペーパーホルダーに挟むだけ」です。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180524084951j:plain


ペーパーホルダーの使い方

ペーパーホルダーは、子供別・書類発行先別に分けています。

2018年現在は、6枚。

  • 長男 小学校
  • 長男 学童保育
  • 長女 小学校
  • 長女 学童保育
  • 次男 保育園
  • 長男・長女 習い事(プール)

例えばもし習い事が増えれば、もう1枚ファイルを追加することになります。

 

それぞれの種類は、

見てすぐ分かるようにタグ部分へマスキングテープを貼って、種類を記入。 

タグの名前を変えたい時は、テープを剥がして新しいテープを貼ればOKです。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180524082444j:plain


書類が届いたら

保管する書類は、新しいものを上にして重ねていきます。

古いものは、下にくるように。

こうすることで、長期間保管する必要があるものはどんどん下に。

月ごとに新しいものに差し替えるものは、取りやすい上に重なるようになっています。

 

このルールを家族にも伝えておけば、

家族が「あの書類はどこ?」と聞いてきても、

「〇〇のフォルダーを見てね!」、と言えば済みます。 

 

実際、小4の長男は自分の名前のホルダーから書類を取り出し、

スケジュールや持ち物等を確認している姿をよく目にします。

 

フォルダー内書類の見直しタイミング

ペーパーホルダーの中身は、

1か月に1度くらいのタイミングで見直しています。

小学校や保育園、習い事先からの手紙は、

月単位で発行されるものが多いためです。

 

次の月の情報が掲載されたお便りが届いたタイミングで、今の月のお便りは廃棄。

新しいものが入ったら、古いものは捨てる。

こうしていけば、子供3人分でも書類が溢れることはありません。

 

 

書類を管理する場所

置き場所は、リビングです。

リビングの一角に収納スタンドを置き、そこに立てて収納しています。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180524085014j:plain

 

リビングに書類コーナーを作っているのは、

私が書類を確認する場所がリビングだから。

 

「読んだらその場で仕分けする」のが書類整理の最大のポイントなので、

書類の確認場所と、書類の収納場所を近づけることが重要です。

(離れていると、仕分けされない書類がどんどん溜まり、

1週間もすれば、書類の山ができてしまいます。)

 

今のところ、小学校や保育園からの書類は、

この方法で整理・管理するのがわが家のベストな方法。

 

10月に第4子が生まれたら、

同じ方法でもうひとり分のペーパーホルダーを増やす予定です^ ^。 

 

無印良品ネットストア 再生紙ペーパーホルダー A4サイズ用・5枚入

 

無印良品ネットストア MDF収納スタンド・A5サイズ

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。