ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

【実家】もう届いた、子供達へのお年玉。実家から遠く離れて住むということ


ads by google

実家の母から、子供達へのお年玉がもう届きました。

f:id:berry-no-kurashi:20171129120408j:plain

春から長女が小学校に入るため、わが家へお祝い金を送りたかった母。

お祝い金を送るのと一緒に、お菓子やお年玉も入っていました。

1か月も早く子供達に届いた、お年玉。

 

結婚して、11年になります。

結婚前は、毎年実家で年末年始を過ごしていました。

でも結婚後、実家の父母とお正月を迎えたのは一度だけ。

今はほぼ毎年、義実家で新しい年を迎えています。

 

私も夫も、大学進学を機に東京に出て、地元に戻ることなく就職しました。

お互いの実家は、新幹線を使い、何時間もかけて帰省する距離。

しかも双方の実家は、わが家から見て、正反対の方角にあります。

一度に両家へ帰省することは、かないません。

なので今は、実家から子供達へのお年玉は、毎年郵送で届きます。

 

母からのお年玉を見ながら思い出すことは、

子供の時に、一緒に「ゆく年くる年」を観たこと。

近所の神社から聞こえる、除夜の鐘の音を聞いたこと。

新しい年を迎えた朝、わくわくしながら

「明けましておめでとう!」とあいさつしたこと。

 

今は、元旦に電話して、声を聞くだけになりました。

両親に言ったことはありませんが、

寂しい思いをさせてるだろうなあ、ごめんね、とちょっと思っています。

 

かと言って、実家の両親と一緒に正月を迎えようと思えば、

今度は義実家の両親に寂しい思いをさせてしまうことになります。

実家にも義実家にも、帰省は年に2度ずつくらい。

どちらの親も、子供達に会えることをそれはそれは楽しみにしているのです。

 

せめて同じ方角だったら、一度の帰省で両方に会えるのになあ。

そんなこんなで、年の暮れが近づいてくると、

今年はどう過ごすかな、とぼんやり思いながら過ごします。

 

実家から遠く離れた場所で、家庭や仕事を持っていること。

両親や、妹家族に会いたいなと思っても、すぐに会えない距離に住んでいること。

すべて自分が選んだ生き方、生きる場所。

 

分かっていても、こんな時は、

普段は意識していない故郷との距離を感じるのです。

 

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ