ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

「つわり いつ終わる」ばかり検索していた日々。私のつわりで効果があった唯一のもの、それはゲームでした


ads by google

つわりが重い体質です。

f:id:berry-no-kurashi:20171031122822j:plain

今まで3回の妊娠では、毎回、ひどいつわりに苦しみました。

たいてい妊娠4週頃、「何となく気持ちが悪い・・」から始まります。

長男と長女の時は、吐きづわり。

水を飲んでも、吐きに吐いて、ピーク時は1か月で5キロ痩せました。

それでも、妊娠6か月には落ち着いた記憶があります。

 

次男の時にはずいぶん長引き、妊娠4週から、出産まで続きました。

(出産してようやく、「あれ?気持ち悪いのがなくなってる・・・」と気づきました)

つわりになってから妊娠8か月まで、ほぼ毎日吐く。

 

そこに重なる、「よだれづわり」。

唾液がいつも以上に、たくさん出る。

しかも、その自分の唾液で気持ち悪くなり、唾液に変な「味」を感じて飲み込めない。

就寝時には、枕元に洗面器とタオル。

出勤時には、空のペットボトルを持って通勤していました(唾液を捨てるためです)。

 

8か月を過ぎても毎日気分はすぐれず、

毎晩布団の中で、「つわり いつ終わる」を検索して気持ちをなだめる日々。

 

「つわりには○○を食べるとよい」という情報も、毎回ことごとく試しました。

しかし、数日は効果があるように感じても、その翌日にはもう効かなかったり。

結局、食べ物や食べ方の工夫は、

日によって効果があったりなかったり、安定しませんでした。

 

そんな中、はまっていたのがゲームです。

長男と長女の時には、ドクターマリオ

次男の時には、エレビッツ

いわゆる落ちゲー(※)やひたすら何かを集めていくゲームを、

暇があればずっとしていました。

(※パズルゲームの一種で、ルールに従ってブロック等を消していくゲームです) 

 

f:id:berry-no-kurashi:20171207152945j:plain

 

単純なゲームをしていると、 その世界に集中して、

気持ちが悪いことをしばし忘れることができました。

この時期は、私が何時間ゲームをしていても、

夫は家事をしながらそっと見守ってくれていました。

(今思い返しても感謝です)

 

そして、産後。

私がゲーム機に触れることは、まずありません。

あんなにゲームをしていた日々が、まぼろしであったかのようです。

 

ゲームソフトのケースを手に取り、ふと思い出したつわりの日々でした。

 

▽妊娠中のことを思い出す記事が、たくさんありました。

妊娠、マタニティー
妊娠兆候から出産まで マタニティー広場
妊娠・出産エピソード
高齢ママ集まれ~!
プレママ集まれ~

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ