読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

子供のズボン、膝に穴。補修は、デニムワッペンを使うと簡単です


ads by google

小3の長男は、スポーツが大好きです。特にドッジボールが大好き。滑り込んでキャッチしたり、転げたり。思いっきり遊んでいると・・・ズボンの膝に、よく穴を開けます。

ズボンを買っても、1~2か月も経てば膝のどちらかに穴を開けてしまうので、その度に処分するのももったいない。

 f:id:berry-no-kurashi:20170426074147j:plain

裁縫が苦手だから、簡単に直したい

私は裁縫全般が苦手です。ミシンも持っていませんし、なるべく簡単に直したい。色々探した結果、穴の補修にはアイロンで接着できるデニムワッペンを使っています

デニム生地に糸のステッチで柄がデザインされているところや、楕円のものから、王冠うさぎ野球サッカーボールなど、形を色々と選べるところがお気に入り。

アイロンでくっつけて、周りを簡単に手縫い

アイロンでピタッとくっつけた後、チクチクと周りを簡単に手縫いします。手縫いすることで、子供がアクティブに遊んでもワッペンがはがれてきませんので、長持ちします。糸幅がそろっていなくても、あまり目立ちません(私にはここが重要なポイントです!)。ワッペンの生地もデニムなので、膝部分の補強にもなっています。

保育園年長の長女には、クローバーのデニムワッペン。長女はまだ片膝だけです。シンプルなデザインだと、片膝だけでもあまり違和感なし

f:id:berry-no-kurashi:20170426074148j:plain

「穴あいちゃった~」と言われるとついつい「また~?!」と言ってしまうけれど、体を思いっきり動かして夢中で遊んでいる証拠かなと思っています。たくさん遊んでおいで^ ^!


「小学生の子育て」の関連記事は、こちらでも。

◇ランドセルの置き場所。ランドセルラックは買いませんでした 
◇小学生と保育園児のスケジュール管理 
◇子供への「ちょっと待ってて」「早くしなさい」。このふたつの言葉を減らしていきたい