ベリーの暮らし

子供4人(中学生~保育園児)、実家遠方のフルタイム共働き、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。塾なし家庭学習7年目。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

「おかあさん、1回だけあそんでね」


ads by google

子どもの言葉で気づくこと。

時々

子どもに我慢をさせてしまっているなあ、

と思うことがあります。

 

時々、というか・・・

本当は知っているんです。

 

子どもたちがひとりひとり、

本当は私にもっと向き合ってもらいたいのに

我慢していることがあるということを。

 

ads by google

 

 

中学生から保育園児まで

4人の子どもを育てていると

 

なかなかひとりひとりに

じっくり向き合う時間がなくて

 

できる時に話を聞いている、

私と一緒にしたいと思っていることを

出来る限り

一緒にしてあげているつもりではありますが

 

足りていないんだなあ、

と思うことが多々あります。

 

最近では、

5歳の次男と3歳の次女。

 

次男は枕を使って

「お餅つき」ごっこをすることを

思い付いたようで、

私と一緒にやりたいと思ったようです。

 

枕をお餅に見立て、

ぺったんぺったんと

次男が餅をつくのに合わせて

私が合いの手を入れるだけの

遊びなのですが、

 

夕飯後の食器を予洗いして

食洗機に入れている私のところにやってきて

 

「おかあさん、それおわったら、1回だけあそんでね」

と言うんです。

 

「いっしょにあそんでね」と言うと、

夜家事をしている私が

なかなか遊んでくれないと思っているのでしょう、

 

1回だけ、と言えば

自分のところに来てくれると思って

そう言っているのだと。

 

私自身、家事に育児に

毎日自分にできることを

精一杯しているつもりではありますが

ああ、もっと一緒に遊んでほしいんだなぁと

 

「ぺったん、ぺったん!」と言いながら

涙が出そうな気持ちでした。

 

ads by google

 

 

3歳の次女も、

もっと甘えたいんだなあと思うところがあります。

 

まだまだ小さいので

眠たいはずなのに、

夜遅くなっても

私が横にならないとまず寝ないのです。

 

寝る時には

背中をとんとんして寝かすのですが

そのとんとん、が

次女にとってはとても大事な時間のようで

 

私が色々していて23時近くになっても

眠そうな目をこすりこすり、

「おかあさん、それ、もうすぐおしまい?」と

寝室から出てきてしまいます。

 

ads by google

 

 

私はきっと

家事に育児に仕事に自分のことに

欲張りなのだと思います。

 

家族みんなの快適な生活のため

子供たちの学習のため

自分のため

そう思って色々していること、

やりたいことを

なかなか捨てられない。

 

大事なことを残して

他のことは省力化できるよう

家事をできるだけ簡単に仕組化したり

便利家電を取り入れたり

夫と分担していても

 

まだまだ子どもと向き合い

一緒に横で過ごしてあげる時間は

足りていないのです。

 

ads by google

 

 

私がしていることは

自分が自分に納得するため、

家族が気持ちよく暮らせるためと

思っているのですが

 

いいバランスを取ることは

子育てが始まって10年以上経っても

なかなかに難しいことだと思っています。

 


Instagram: berry.kurashi

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 整理整頓・お片づけ♪

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫

にほんブログ村テーマ 無印良品アイディア帖

 

▽皆さんのお買い物情報がたくさん。 

にほんブログ村テーマ 楽天買いまわりのオススメはコレ♪

にほんブログ村テーマ 楽天マラソン対策はこれ♪

 

▽今までブログ内でご紹介したアイテムは、こちらにも更新しています

f:id:berry-no-kurashi:20200904112253p:plain

 

▽わが家の暮らしが本になりました。 

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング