ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

古くなった、ふかふかなりんご。捨てずに食べる方法


ads by google

りんごは古くなると、ふかふかにしなびてきます。

f:id:berry-no-kurashi:20181027154312j:plain

ふかふかになってしまった、りんご

次女を出産前後、

食べ切れなかったりんご。 

 

産院から退院してきた頃には、

りんごから水分が抜けて、

皮にしわが入った感じになっていました。

 

以前なら、

こうなってしまったりんごは捨てていました。

 

今は、

捨てずにどうやって食べようかな?と思います。

 

煮りんご作り

有元葉子さんのレシピを参考に、

ふかふかりんごで煮りんごを作りました。

 

りんごを切ったら鍋に入れ、

レモン汁とグラニュー糖を加えます。

 

レモン汁は、

りんご1個につき大さじ1.5~2。

グラニュー糖は大さじ2とのこと。

 

f:id:berry-no-kurashi:20181027154258j:plain

 

このまま、りんごからジュースが出てくるまで1時間以上おきます。

 

りんごを中火にかけます。

りんごが黄色く透き通ってきたら、出来上がり。

f:id:berry-no-kurashi:20181027154305j:plain

 

作り方は、『ためない暮らし』(有元葉子著、だいわ文庫)を参考にしました。

 

この煮りんごでタルトタタンも作れます。

まずはヨーグルトをかけて、おやつに。

 

f:id:berry-no-kurashi:20181027154250j:plain

 

捨てることなく、

美味しく食べることができました。 

 

新鮮なうちに食べ切るのがいちばんですが、

「古くなったら、こう食べたらよい」と知っておくと、

最後までおいしくいただけます^ ^。

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 超!かんたんレシピ

にほんブログ村テーマ ☆簡単お料理レシピ☆パン料理・晩御飯

にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていく

 

★最新★

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽暮らしの工夫・改善に関するブログがたくさん読めます。