ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

インフルエンザのわが家を助けに来てくれていた父が、帰りました


ads by google

手伝いに来てくれていた、父が帰りました。

f:id:berry-no-kurashi:20180211133157j:plain

インフルエンザに臥せっていたわが家に、1週間居てくれた父。

父は、掃除が大の得意です。

しかし、掃除をしているところはなかなか見せません。

 

家族で一緒にいる時には、

大好きなスポーツをテレビで観たり、

孫の相手をして一緒にずっと遊んだりして、

たいていのんびりと座って過ごしています。

 

そんな父ですが、夫が出勤、子供達が小学校や保育園に行き、

インフルエンザの私が「もうちょっと横になってくるね」と寝室に引っ込むと、

いそいそと掃除を始めます。

そして、私が数時間後に起きてくると、あちらこちらがピカピカ。

 

ある日は、キッチンのガステーブルやシンク、冷蔵庫。

次の日は、リビングの窓やベランダ。

そのまた次の日は、洗面所やトイレ。

 

私が寝室から出てくる度に、どこかがピカピカになっていました。

しかも、私自身が掃除した時に比べ、段違いの美しさ。

窓拭き後の窓なんて、日差しの美しさが増したと感じるくらいです。

 

「あれ、ここ・・(きれいになってる)」と私が言うと、

気付いたか、と言う感じで口をすぼめて笑います。

 

そして、「ありがとう」と言うと、

まあこれくらい簡単なもんや、とうそぶくのです。

 

そんな父が使う掃除道具は、基本的に、雑巾くらいです。

拭き掃除が最強、と私が信じているのは、

こんな父の姿を小さなころから見てきたことも

理由のひとつかもしれません。

 

居てくれた1週間、とても助かったよ。

ありがとう、お父さん。

 

インフルエンザに臥せっている間、

たくさんの方々より温かいメッセージをいただきました。

おかげさまで、ずいぶんよくなりました。

ありがとうございました。

同じ空の下のどこかにいらっしゃる皆さま、

皆さまもどうぞお体ご自愛ください。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ