ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小学生2人、保育園児2人)を子育て中のワーキングマザーです。双方の実家から遠く離れた核家族。ラク家事・ラクごはんのシンプルライフを心がけています。

「子育て四訓」。4人の子育てで、大切にしている指針です


ads by google

人生で、出会えてよかった言葉のひとつ。

f:id:berry-no-kurashi:20190807120049j:plain

生きていると、

ハッとする言葉に出会えることがあります。

 

目が覚めるような言葉。

 

何となく考えていたことが

はっきりとした輪郭を持って

言語化されたような言葉。

 

「子育て四訓」は

わたしにとって

そんな言葉のひとつです。

 

 

ads by google

 

 

 

「子育て四訓」は、

山口県で長年教育に携わっていらっしゃった

緒方甫(おがたはじめ)さんという方が、

長年のご経験を基にまとめたものだそう。

 

乳児はしっかり肌を離すな

幼児は肌を離せ 手を離すな

少年は手を離せ 目を離すな

青年は目を離せ 心を離すな 

 

子供と向き合うとき 

その段階、段階で

何を大切にするか教えてくれる。

 

4人の子供を育てる中で

わたしの子育ての指針となっています。

 

 

ads by google

 

 

 

例えば、

今 小5の長男は

少年の段階に。

 

もう手をつなぐことはないけれど

その表情、行動を見守っていこう。

 

もうすぐ3歳の次男は

一緒に出掛けると

「おかあさんと てて つなぐ!」。

この時間を大切にしたい。

 

子育てしながら

子供の成長を頼もしく感じている自分と

 

過ぎた段階を

ときに淋しさを感じながら

懐かしむ自分と。

 

言葉を持っているだけで

気持ちに折り合いがつくときが

あるものです

 

乳児はしっかり肌を離すな

幼児は肌を離せ 手を離すな

少年は手を離せ 目を離すな

青年は目を離せ 心を離すな  

 

この言葉はこれからも

わたしの人生と

ずっと共にあると思います。

 


  

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村