ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

帰省や旅行から帰ってきたら、その日にしておきたいこと


ads by google

実家への帰省から、自宅に戻ってきました。

f:id:berry-no-kurashi:20180504221140j:plain

帰省や旅行から帰ってきたら、疲れていても荷ほどきします。

帰宅したその日に、しておきたいことがあるからです。

 

その日中にしておくこと

キャリーバッグのお手入れ

帰省や旅行に使っているのは、無印良品のキャリーバッグ(35L)です。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180429164534j:plain

 

帰宅後すぐにバッグを開けて、まずは中身をすべて空っぽに。

それから、中に入れていた全ての物を仕分けます。

洗濯物は洗濯機に、お土産は通勤バッグのそばに、など。

 

それから、使い捨ての紙おしぼりでキャスター部分を拭きます。

歩道や駅を転がってきたキャスター。

拭いている内に、紙おしぼりが真っ黒になります。

 

洗濯物は、洗濯機へ

帰省や旅行先で帰り支度をする際には、

自宅に帰ったら洗濯すべきもの、しなくていいものを分けておきます。

 

わが家の場合、洗濯すべきものはビニール袋に

洗濯しなくていいものは、無印良品の「たためる仕分けケース」に入れておきます。

(行きには「たためる仕分けケース」に着替えを詰めていました)

 

帰宅したら、ビニール袋に入っている方の衣服類を洗濯機へポン。

荷造り時に分けておくことで、

「どれを洗わなくちゃいけなかったっけ?」と迷わず済みます。

 

必要な場合に、しておくこと

小分け袋や仕分けケースに汚れを見つけたら、

帰宅したその日の入浴時に、浴室へ持ち込んで洗います。

 

例えば、今回の帰省では、

「吊るして使える洗面用具ケース」に日焼け止めが付着してしまいました。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180504221136j:plain

 

浴室に持ち込んで石けんを使ってざっと洗い、

洗濯機で2分程脱水したら、そのまま夜干しします。

明日1日しっかりと干して、

完全に乾いたらキャリーケースに収納しておきます。

 

同じように、化粧品関係を小分けしていたケースも洗っておきます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180504220107j:plain

(この無印良品のクリームケースには、

ポイントメイクリムーバーを浸したコットンを入れていました)

 

子供達に見せながら、荷解きとトラベルグッズの片づけ。

片付け方を子供達に伝えながら、

これで次の帰省や旅行でも、気持ちよくトラベルグッズを使うことができます^ ^。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽暮らしの工夫・改善に関するブログがたくさん読めます。