ベリーの暮らし

子供4人(高校生~保育園児)、家庭学習10年目、夫婦共働き。実家遠方、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

「お母さんのごはんは美味しい!」で複雑な気持ちになる


ads by google

嬉しいけれど。

小2次男は

食べることが大好きです。

 

いつも

次は何を食べようかなあ、

世の中にはどんな美味しいものがあるかなあと

わくわくしているようなタイプの子。

 

そんな次男は

家で昼食や夕食を食べながら

「お母さんのごはん、本当に美味しい!」

「お母さんのごはんは最高だ!」

とよく言います。

 

これだけだと

嬉しい一言、

作りがいがあるなぁとなりそうですが

 

私はこの言葉を聞いて

嬉しさ半分、

複雑な気持ち半分です。

 

家のごはんを美味しいと感じることは

とってもよいことだと思いますが

これ、小学校の給食は美味しいときがあまりない、

ということでもあるからです。

 

(子どもたちは「今日の給食はね‥」と

給食の話題をよくしています)

 

ads by google

 

 

上の子たちや次男の話を聞いていると

公立の小中学校の給食は

私が子どもの頃に比べて

質、量ともに下がってしまっているように感じます。

 

物価高もあり、

人件費の高騰もあり、

給食費はおいそれと上げられないし

給食を提供する側のご苦労も

それは大きいことだろうとは思います。

 

けれど私は

学校の給食って

とっても大切なもので

大人たちが子どもたちを守っていくために

とても大切な役割を果たしているものだと思っています。

 

子どもたちには

給食って美味しいな、明日も楽しみだと思えるような

給食であってほしい。

 

長年ブログを読んでくださっている方は

私の実家が金銭的に苦しく

私が子ども時代に

結構ひもじい思いをしていたことを

ご存知だと思います。

 

そんな中で私や妹は

給食にとても助けられました。

 

なかなか払えない給食費、

母の給料日がくるまで

いつも冷蔵庫に磁石でペタリと貼られていた

給食費の集金袋。

 

そんな家でしたので

家でお腹が空いている日もありましたが

そんな日でも

学校に行けば給食をお腹いっぱい食べられました。

 

毎日の給食では

ごはんかパン、あるいは麺。

汁物とメインおかずに加えて

副菜は2品あったと思います。

そしてたまに果物などの小さなデザート。

 

「美味しいし、楽しみなもの」

というのが

私の記憶の中の給食でしたが

 

今の子どもたちの小中学校の給食は

自分の子どもの頃の給食に比べて

質が下がってしまった?と感じる場面が多いです。

 

小中学校の給食だよりを見ると

副菜は1品だけになってしまっていますし

献立は私が子どもの頃のほうが

充実していたように思えてしまいます。

 

ads by google

 

 

私はX(Twitter)で

子育て系の情報をよくチェックしているからか

ときどき他の地域の公立小中学校の

給食の画像が流れてくることがあります。

 

その画像を見ると

わが家の子どもたちの給食のように

主食に主菜、副菜1品という感じ。

なんだかなあ、と感じます。

 

私が子どもの頃そうであったように

何らかの理由により

家では満足に食べられず

給食で栄養をとっている子だって

今もいるだろうにと思うと

 

給食は多くの子どもが

「今日も楽しみだなあ」と思えるものに

してもらいたいと思いますし

 

体がどんどん育っている

子どもたちにこそ

食の時間を待ち遠しいと思えて

栄養がたっぷりとれるような

給食を用意してもらいたい。

 

給食のことを考えると

私にできることはなんだろう・・・

と思います。

 

Instagram: berry.kurashi

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ [紙,本,書類]整理,収納,お片付け

にほんブログ村テーマ 本・感想・評論・レビュー

にほんブログ村テーマ 絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学

にほんブログ村テーマ 社会人と本。読書したらトラバ

<にほんブログ村テーマ 子育て関連商品、関連情報、関連本、絵本

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

▽ブログ内でご紹介した楽天で買えるアイテムは、こちらにも更新しています

f:id:berry-no-kurashi:20200904112253p:plain