ベリーの暮らし

子供4人(中学生~保育園児)、実家遠方のフルタイム共働き、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。塾なし家庭学習7年目。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

図形の学習に『徹底反復ずけいプリント』を使い始めました(小5)


ads by google

新たに購入。

2週間くらい前、

小5の長女が

「お母さん、図形をもっとやってみたい」

「図形のテキスト、買ってね」

と言いました。

 

小5の『たったこれだけプリント』に

取り組んでいるうちに、

図形についてもっと学んでみたいと

思ったようです。

 

やってみたい、と言われた時は

その分野の学習を深めるチャンスです。

 

たったこれだけプリント』は

ちょっとだけお休みすることにして

早速、図形用のドリルを購入しました。

 

ads by google

 

 

購入したのは、

徹底反復ずけいプリント』です。

 

陰山先生の徹底反復シリーズが

大好きで。

 

分数なら分数、小数なら小数、

単位なら単位と

その単元のドリル1冊に取り組むことで

 

その単元で学ぶべき

重要なポイントへの理解が深まり

いつの間にか

「分かる!」「できる!」に

つながるように思います。

 

▽全種類用意して、いいタイミングで出しています。

www.berry-no-kurashi.com

 

『徹底反復ずけいプリント』も

小1から小6まで使えるようになっていて

ざっくりとこんな構成になっています。

 

■初級レベル(小1~3)

辺、頂点、角、直角、半径、直径を理解し、

図形の基本をマスターする

 

■中級レベル(’小2~4)

角度の計算、展開図や組立図などを理解する

 

■上級レベル(小5以上)

面積や体積を計算する

 

ads by google

 

 

具体的には

こんな流れで進めていくことになります。

 

 

低学年から始めるのであれば

できるところ、分かるところまで進めていき

難しくなったら

いったんお休みするといいと思います。

(わが家の場合はいつもそういう使い方です)

 

高学年であれば

最初のページからどんどん進めます。

はじめの方は小学校低学年でも解ける問題ですが

飛ばすことなく取り組みます。

 

 

高学年であれば

前半部分はスラスラと進められるでしょうが

低学年の範囲であっても

つまづいたり

時間がかかる範囲があるかもしれません。

 

そういう範囲は要注意。

解いている様子を確認したり、

リアルタイムで確認できない場合でも

1ページを終えるのにかかった時間(ページごとに記入欄があります)

を確認したりします。

 

理解が不足している可能性が

高いからです。

 

ads by google

 

 

三角形と四角形、円と球、

角度の計算、垂直と並行・・・。

 

今まで小学校で学んできた

図形の振り返りをどんどん進めて、

1週間で「直方体と立方体」まできました。

 

 

このあとは

体積や容積、

合同や内角の和、

線対称と点対称などなどへ

進めていきます。

 

「図形のドリルをしたい」と話すからには

今までのドリルできっと引っ掛かる場所が

あったのでしょう。

 

この先は注意深く見ていきたいと思います。

 

ads by google

 

 

この1冊を終えたら

図形で把握しておくべき

重要なポイントを

まるっと押さえることができているはずです。

 

▽使っているドリルはこちら

 

その段階になったら

応用問題も含めて

次の段階の図形ドリルを

用意しようと思います^ ^。

 


Instagram: berry.kurashi

 

▽色んな学習方法がありますね。

にほんブログ村テーマ お家でお勉強〜ママが先生!

にほんブログ村テーマ 頑張れ!パパ塾ママ塾

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 整理整頓・お片づけ♪

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫

にほんブログ村テーマ 無印良品アイディア帖

 

▽わが家の暮らしが本になりました。

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング