ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

おうち焼肉。ホットプレートは使わずに、これで焼いてます


ads by google

時々、無性に焼肉を食べたくなります。

f:id:berry-no-kurashi:20180804145435j:plain

普段よく豚肉や鶏肉を食べているのに、

今日は何だか焼肉が食べたい気分・・・!

となる時があるのは、何故なのでしょう。

肉料理の中でも、焼肉は「別格」なのです。

 

おうち焼肉

夫とふたり暮らしだった時には、焼肉と言えば外食でした。

ビールジョッキを片手に、食べたい部位を注文。

キムチもつまみながら、焼肉時間を堪能していました。

 

子供が3人に増えた今は、

外食で焼肉を選ぶことはほとんどありません。

 

まだ1歳の次男が焼き網に触らないか気になりますし、

わが家はみんなよく食べ、夫は鯨のようにビールを飲みます。

ビールも飲めない妊婦のわたし。

醒めた頭では、ついついお会計も気になってしまうのです。

 

そこで、今はもっぱら焼肉と言えば「おうち焼肉」。

ホットプレートではなく、ウチクックスチームグリルを使っています。

 

ホットプレートは使わなくなった

以前、おうち焼肉と言えばホットプレートの出番。

しかし今は、ホットプレートを使うのはやめました。

食べ終わった後の片づけが大変だったからです。

 

というのも、 

  • 換気扇の下で調理しないので、焼肉のにおいが部屋中に充満する
  • ホットプレートを使った付近に、脂の粒子が飛び散る(床にも)
  • 鉄板が大きい分、大きくて洗いづらい

と感じていたからです。 

 

ホットプレートを買った時、

「パーツを分解できて洗いやすいもの」を選びましたが、

焼肉の後片づけはやっぱり手間がかかりました。

 

使っているのは、ウチクックスチームグリル

今使っているのは、ウチクックスチームグリル。

魚を焼く時にも使っているものです。

 

▽関連記事 

魚焼きグリルは使わない。わが家ではこれで魚を焼いています - ベリーの暮らし

 

テフロン加工された鉄板自体に、溝があるつくり。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180804145422j:plain

 

余分な脂が流れるだけでなく、

肉に美味しそうな焼き色を付けることができます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180804145415j:plain

 

ホットプレートの鉄板に比べたら、焼ける量は半分くらい。

その分、ガステーブルに数回足を運ぶことになります。

それでも、片づけの時間を考えると、

わたしにとっては、足を運ぶ方がよっぽどいいです。

 

いつもの料理のようにガステーブルで焼くことで、

換気扇が肉脂の煙をどんどん吸ってくれます。

 

 

ちなみに

この日の副菜は、

  • 冷ややっこ(醤油とごま油を回しかけ、その上に海苔をかけます)
  • 刻みおくら
  • こんにゃくの炒り煮
  • かぼちゃの素揚げ
  • サニーレタス(肉を巻いて食べられるように)
  • ミニトマト

でした。 

 

f:id:berry-no-kurashi:20180804145407j:plain

f:id:berry-no-kurashi:20180804145359j:plain

 

肉以外は野菜を多めにしておくと、

胃にもたれることなく、美味しく焼肉をいただけます。

 

子供が育ちざかりの時には、

どうしても外食から足が遠のくことになります。

その分、家でおいしく食べられるよう工夫。

 

家ごはんを楽しむことは、

わが家の「がんばらない節約」のひとつでもあります^ ^。

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 頑張らない節約

にほんブログ村テーマ 簡単♪上手に節約術

にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむ

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。