ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

第4子を無事出産しました


ads by google

4人目の子供を無事出産しました。

f:id:berry-no-kurashi:20181016082521j:plain

ぷくぷくほっぺの、元気な女の子です。

 

陣痛促進剤を使っての出産

夜中に起きた多めの出血を破水?と思い

病院に向かったところ、

破水ではなかったことが判明。

(破水かどうかは、病院の検査キットですぐ分かるようです)

 

ただ、念のため病院に数時間滞在している内に 

子宮口が開いてきたため、そのまま入院となりました。

 

3人目の次男の時には短時間での出産だったので、

今回も陣痛が規則的になったら早いかなあ、

と思っていました。

 

ところが、なかなか陣痛の間隔が一定にならず。

病院内を歩いても、階段を上り下りしても微弱のまま。

 

内診で子宮口が少しずつ開いてきている様子だったので、

4人目の出産にして、

初めて陣痛促進剤を使用することになりました。

 

助産師さんから促進剤の提案があった時には

心の準備ができていなくて、思わず涙。

助産師さんのあったかい腕をぎゅっと握りしめながら、

今までと違う展開に緊張、怖さを感じてしばらく涙が止まりませんでした。

 

今回は、夫だけ立ち会い 

3人目の出産は上の子ふたりも立ち会いましたが、

今回は夫だけの立ち会いにしました。

 

1人目から4人目の出産まで毎回立ち会っている夫。

助産師さんと一緒に、

いきみやいきみ逃しのリードをしてくれました。

 

f:id:berry-no-kurashi:20181016082517j:plain

長女がくれた、手紙と折り紙。

折り紙は、わたしが食べたいと言っていたマカロンと、おまんじゅうです。

 

出産を終えて 

初めてでとても怖さを感じた陣痛促進剤も、

ベテラン助産師さんの経験に基づく勘とご判断に従ってよかった、

と思えるものでした。

 

徐々に強まっていく陣痛の中、

「大丈夫よ、陣痛をつける助けになるだけ。

無理やり生まれるようにする薬ではないからね。

赤ちゃんにもお母さんにも悪い影響が残るわけでもないからね」

という言葉に、とても励まされました。

 

陣痛促進剤を投与し始めてから2時間半ほどで、

次女が無事誕生。

 

出産が終わって次女を抱っこしていると、

長かったつわりも、

大きなお腹になってからのしんどさも、

数時間前までの陣痛や出産の激痛さえも、

もう薄れゆく記憶、

もっと言ってしまえば「過去のもの」になっていく感覚になります。

 

長かったつわりの期間、応援してくだった皆様。

温かいメッセージやお気持ちを、本当にありがとうございました。

 

生まれたてほやほやの、

小さな、あったかい命。

 

 

これから家族みんなで大切に育てていきたいと思います。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。