ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小4、小1、2歳、0歳)を子育て中のワーキングマザーです。来春まで育休中。双方の実家から遠く離れた核家族。シンプルライフを心がけています。

【三種の神器】湯シャンを快適に続けるために使っている、3つのもの


ads by google

抜け毛を減らしたくて、始めた湯シャン。

f:id:berry-no-kurashi:20180502173834j:plain

湯シャン歴1年2か月の私が、

毎日快適に湯シャンを続けるために使っている

3つのものをご紹介します。

 

▽湯シャンを始めた理由はこちら。

私が湯シャンを始めた理由と、続けている理由 - ベリーの暮らし

 

f:id:berry-no-kurashi:20180521230259j:plain

 

1.バンブーブラシ

湯シャンでは、入浴前、十分にブラッシングします。

ブラッシングで地肌の脂や髪に付着した汚れを浮かせ、

ぬるめのお湯でその汚れを洗い流すためです。

 

湯シャンを始めて2か月ほどは、ブラシがずいぶん汚れました。

ブラシの隙間や側面に、皮脂や汚れが付くのです。

 

そのため、毎日のようにブラシを洗う必要がありました。

私の場合、入浴前にブラッシングをしたら、

そのブラシを浴室に持ち込み、

入浴中に、ブラシも一緒に洗うようにしていました。

 

そういうわけで、ブラシは水洗いできるものを使っています。

それが、このバンブーブラシ。

(本来は水洗いを避ける品物のようですが、わが家は洗って使っています)

 

 

ピンとピンの間に程よく間があり、洗いやすい。

そして、この竹素材のピンが地肌を程よくマッサージしてくれます。

 

清潔に使えて、地肌もマッサージできる。

湯シャンを始めてしばらくの頭皮のかゆみは、

ブラッシングの回数を増やして乗り切る。

湯シャンに打ってつけのブラシだと思います。

 

ちなみに、わが家の三人の子供達も、基本的には湯シャンです。

それでも、湯シャンを始めた当初から、

ブラシに皮脂汚れがつくことはありません。

今まで何十年もシャンプーを続けてきた私との違いなんだろうなあと感じています。 

 

2.ツボスパヘッド

入浴時に浴室へ持ち込む、もうひとつのもの。

それが、ツボスパヘッドです。

 

頭皮に適度な刺激を与えてくれて、気持ちがいい。

片手で手軽に使えるので、子供と一緒に入浴しても問題なく使えています。

 

繰り返しになりますが、

湯シャンを始めた当初は頭皮のかゆみが気になります。

湯シャン後には、湯舟に浸かりながらツボスパヘッドで地肌をマッサージ。

かゆみを乗り越えるのに、随分役立ちました。

 

 

このようなグッズは買ってもそのうち使わなくなりがちですが、

毎晩浴室に持ち込むことで、

「お風呂に入ったら頭皮マッサージ」が習慣になりました。

 

▽入浴グッズは、こんな風にセットしています。

【無印良品】洗顔石けんは、無印良品の石けん置きに入れています。石けんがドロドロ、ブヨブヨにならないために、していること - ベリーの暮らし

 

3.あんず油

湯シャンをしていても、髪はきちんとまとめたいもの。

けれど湯シャンになってから、

お湯だけで洗い流せるのかが気になって、

ヘアクリームやムースは、全く使わなくなりました。

 

代わりに使っているのが、「あんず油」です。

朝、ヘアスタイルを整える時には、

手のひらにこのオイルを伸ばし、

それから毛先に軽く揉み込むようにしています。

 

あんず油は髪に付けるとふんわりとあんずの香りがして、大好き。

香りが不要な方は、ホホバオイルなどでも良さそうです。

 

私は、これからも湯シャン 

この3つのものをヘアケア、地肌ケアに取り入れることで、

私は快適に湯シャンを続けることができています。

 

以前悩まされていた抜け毛や髪のうねり、ぱさつきも気にならない。

髪質、頭皮の質の改善を実感しているので、

これからも湯シャンを続けていくつもりです。

 

湯シャンを始めたい方や再開したい方の、

ご参考になれば嬉しいです^ ^。 

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします^ ^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。