ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

おすすめの、洗いやすいお弁当箱。同じものをもうひとつリピ買いしました


ads by google

全く同じお弁当箱を、もうひとつ買い増しました。

f:id:berry-no-kurashi:20180328174446j:plain

4月に入ったら新1年生になる長女。

小学校入学前から、学童クラブに通い始めます。

小学校で給食が出るまでは、毎日お弁当持参。

 

新4年生になる長男の分に加え、長女のお弁当も増えることになります。

(私がつわり中のため、毎朝夫がふたりのお弁当を作ってくれます)

 

お弁当箱は、長男が使っているものと全く同じものを購入しました。

このお弁当箱、とても洗いやすくて、私の大のお気に入りなのです。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180328174438j:plain

 

ステンレス製

お弁当のおかずは、油っぽいものが案外多いです。

ミートボールやから揚げ、豚肉の生姜焼き。

この油が、なかなかに落ちにくい。

 

以前使っていたお弁当箱は、プラスチック製でした。

普段、洗いものには洗剤を少ししか使わない私ですが、

お弁当箱を洗う時には、泡がもこもこになるくらいで洗っていました。

それでも、角の部分がなんとなくベトベト、油でぴかぴか・・・

 

このお弁当箱に変えてから、そんな悩みとは無縁になりました。

ステンレス製だからなのか、油汚れもすっきりと落ちます。 

 

二段式

二段式のため、ごはんの量の調整がしやすいです。

大きな方にごはん、小さな方におかずを入れています。

f:id:berry-no-kurashi:20180328174431j:plain

新1年生の長女には、大きすぎるように見えるお弁当箱。

でも、ごはんを薄く入れて量を調整すれば、問題ありません

二段式だと、ごはんを少なく入れても、おかずが偏る心配なし

 

パッキンが洗いやすい

このお弁当箱、パッキンの取り外しが無理なくできます。

f:id:berry-no-kurashi:20180328174423j:plain

蓋に1か所あるくぼみに指を入れて、難なく外れます。

このパッキンが丈夫。

毎回取り外して洗っても、全くへたりがありません。

 

専用の保冷ケース付き

このお弁当箱には、保冷機能のある専用ケースが付いています。

内側は、こんな感じ。

f:id:berry-no-kurashi:20180328174415j:plain

たまにアルコールスプレーをシュシュっと吹きかけ、

キッチンペーパーでさっと拭いてお手入れしています。

 

私がお弁当を持って行くことになってもうひとつ買い増すとしても、

また同じお弁当箱を選ぶことでしょう。

お弁当箱は、洗いやすくお手入れが簡単なのがいちばんです^ ^。

 

▽お弁当の関連記事はこちら。

公開!学童保育のお弁当、5日間分。ざっくりルールで、考えないお弁当作り - ベリーの暮らし

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。