ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

バスタオルは、使わない。フェイスタオルに統一したら、ずいぶん洗濯が楽になりました


ads by google

バスタオルを使わなくなって、数年になります。

はじめは私のみ、次に子供達。そして1年前から夫も。

今では家族全員、お風呂上がりはフェイスタオルで体を拭いています。

f:id:berry-no-kurashi:20170418121124j:plain

習慣で、バスタオルを使っていた

子供の頃、お風呂上りは、バスタオルで体を拭いていました。

一人暮らしをすることになった時、すぐバスタオルを準備しました。

夫との二人暮らしをするようになった時も、バスタオルを買い増しました。

暮らしの中にバスタオルがあることは、私の中で「常識」だったのです。

バスタオルがあると、洗いも乾燥も時間がかかる

バスタオルは大きいので、洗濯物のかさが増えます。

水の使用量が増え、水を溜める時間もかかります。

干しても、なかなかに乾きにくい。

子供が増えるにしたがって、保育園の洗い替えなど、洗濯するものも増えました。

洗う衣類がたくさん詰まって、いつも洗濯機がパンパンに。

「同じバスタオルを数日使ってから洗濯する」という話もたまに聞きますが、

お風呂上がりの汗も吸っているだろうし、わが家の場合、結局毎日洗っていました。

バスタオルは、洗うのも乾かすのも時間がかかる。

そこでまず私が、バスタオルを使うのをやめてみたのです。

フェイスタオルで、洗濯が楽に

お風呂上りに使ってみて、

フェイスタオル1枚でも十分に体を拭けることに気づきました。

そこで、私より体の小さい子供達も、フェイスタオルに変更。

フェイスタオルなら、バスタオルより小さく、厚みも薄い。

私と子供たちがバスタオルを使わなくなっただけで、洗濯物の量がずいぶん減りました。

夫がフェイスタオル派になった背景

私は非常につわりが重い体質です。

今8か月の次男を妊娠中、数ヶ月もの間、夫は家事の全てを引き受けてくれました。

毎日仕事から帰ったら、夕飯を作り、子供達の面倒をみて寝かしつけ、食後の食器を洗い、最後に洗濯物を干してくれていたようです。

夫に「お風呂上りはフェイスタオルを使ってね」と言ったことはありませんが、

洗濯物を干してくれる中で、フェイスタオルの方が洗濯時間も短く、

楽であることを感じとってくれたのかもしれません。

(ちなみに、今でも毎日、夫が洗濯物干しをしてくれています)

 

「なんだか使いにくいな」「時間を短縮できないかな」と感じた時は、

持ち物を見直すいいチャンス。

暮らしによって見直すものは様々ですが、

わが家の場合はバスタオルを使わない選択で、ひとつ家事が楽になりました^ ^

 

ランキングに参加しています。いちごの写真のクリックで、応援いただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

こちらも応援、よろしくお願いいたします^ ^


「掃除・片付け」の関連記事は、こちらでも。

◇「シンプルな、白い消耗品」は、ここでまず探します
◇掃除をすると、なぜ前向きな気持ちになるんだろう?その答えの一片を得ました
◇シンプルな物干しハンガー。ピンチを替えたら、ずっと使えます
◇はさみは同じものを3本買って、よく使う場所に置いています
◇慣らし保育で空いた時間。寝室の拭き掃除をしました