ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

お気に入りの亀の子たわしで、家事を楽しく


ads by google

キッチンにお気に入りの道具があると、家事が楽しくなる。

 

f:id:berry-no-kurashi:20170314170910j:plain

こう気付いてからは、たわしひとつでも何となく買うことがなくなりました。

 

今、わが家にあるたわしは2つ。
亀の子束子さんの「白いたわし サイザル麻」と、「カルカヤたわし」です。

 

「白いたわし サイザル麻」は、エッセイストの石黒智子さんがデザインしたもの。

まず、ベーグルのような形に一目ぼれ!コロンとした形が好きで、たまに天日干しする時以外は、無印良品のフックに引っかけてシンクに置きっ放しにしています。

 

f:id:berry-no-kurashi:20170314170900j:plain

そして、その機能にも大満足です。手にすっぽり収まり、ざるや泥の付いた野菜をごしごし素早く洗えます。たわしに挟まった野菜の細かな皮やカスも、ボウルに張った水の中で振り洗いすれば大抵すぐ落ちます。また、油が付いたものを洗っても、たわしに洗剤をちょっと付けて洗えばさっぱり。同時にたわしもきれいになります。

f:id:berry-no-kurashi:20170314172934j:plain

細長い「カルカヤたわし」の方は、亀の子束子さんのウェブサイトをチェックしている時に、たまたま見つけました。色味に何とも言えない清潔感があり、こちらも水の中で振り洗いすれば汚れがすぐ落ちます。そして、乾きも抜群!こちらも手にするたびにちょっぴり嬉しくなるたわしなのです。

f:id:berry-no-kurashi:20170314172924j:plain

  • ざるを使った後、そのまま放置することなく、白いたわしを手にごしごし。
  • 鉄のフライパンも、使った後冷めないうちに、カルカヤたわしでごしごし。
  • 生協パルシステムから土付きのにんじんや大根、お芋が届いたら、白いたわしでごしごし。

以前、たわしを使い始める前までは、効果的な使い方を知らず、スポンジにばかり頼っていました。ただ、今思うとスポンジで油汚れを洗うのに何となく抵抗があったのです(先にウエスで油を拭き取っていても)。

たわしを使い始めてからは、今まで自分でも知らない内に感じていた小さな抵抗感もなく、気持ちよくさっぱり洗えて、心も軽やかです。

たわしを2つキッチンに迎えただけで、水回りの家事がより楽しく、スピーディになりました^ ^

 

▽素敵な道具が、たくさん。 

シンプルな道具たち
家事が楽しくなるモノ・工夫
* ステキなインテリア&雑貨 *
買ってよかった!キッチングッズはコレ♪

 

▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ