読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

りんごを使い切りたい時は、シナモンりんごを作ります


ads by google

気が付いたら、買ってきたりんごが古くなっている。皮もちょっとシワシワ・・

皮をむいて食べるには味が落ちているでしょうし、握った触感もフカフカと残念な感じ。

f:id:berry-no-kurashi:20170325171545j:plain

そんな時は、りんごを一度に大量消費できる「シナモンりんご」を作っています。古くなったりんごでも、美味しく食べ切れます。

シナモンりんごの作り方

今回は、りんごを3つ、一気に使います。

  1. りんごを洗い、皮をむく
  2. 薄めのくし切りにして、鍋(蓋付きのものを選ぶ)に並べる
  3. 砂糖を大さじ1、まんべんなくかける。10分ほどそのままにして、リンゴから水分が出てくるのを待つ
  4. 蓋をし、弱火で10分ほど火にかける
  5. レモン汁をかける(レモン半個分を使用)
  6. りんごから更に水分が出てきたら、シナモンシュガーをまんべんなくふりかける
  7. 追加で3分ほど火にかける

f:id:berry-no-kurashi:20170325171537j:plain

砂糖やレモン汁の量は、お好みで調整してください。わが家のシナモンりんごは甘さ控えめ、酸味強めで作っています。 

 

 

粗熱が取れたら、野田琺瑯に入れます。冷蔵庫で3~4日はもちます。

f:id:berry-no-kurashi:20170325174158j:plain

おすすめの食べ方

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトにトッピングしたり、朝食のシリアルにのせても。カリカリに焼いたトーストに、クリームチーズと一緒にのせて食べるのもおすすめです。冷凍パイシートにはさんで焼けば、簡単なアップルパイも作れます。

今回は3個で作りましたが、りんごを大量消費したい方はもっとたくさん作って小分けに冷凍しておけば、食べたい時にすぐ食べられますよ^ ^