ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

共働きで核家族な夫婦の、一日のスケジュール(平日版)


ads by google

わが家は、フルタイム勤務の共働きです。

f:id:berry-no-kurashi:20180125000019j:plain

そしてお互いの実家は、新幹線を使って帰省する距離にあります。

必然的に、実家や義実家はまず頼れません。

 

わが家には、小3、保育園年長、1歳児の3人の子供がいます。

夫とふたりで子育てしている毎日(平日版)の、時間の使い方をご紹介します。

 

朝の時間

6:30 夫起床、ダスキンで床掃除。その日着るワイシャツのアイロンがけ

7:00 私と子供(長男・長女)起床、洗顔私はヘアメイクと朝食作りを並行で進める

7:20 子供(次男)起床、夫が着替えさせる。私は前の晩洗った食器を水切りかごから片づけ

7:30 朝食。夫と子供はダイニングテーブルで、私はキッチンで立ったまま食べる

7:50 夫か私が、夜干ししておいた洗濯物の取り込み。長男登校(小学校へ)

8:00 夫が長女と次男を保育園へ送り、そのまま出勤

8:15 私出勤

 

わが家では、夫がいちばんに起床します。

そして、他の家族が起きてくるまでの間に、

部屋中をダスキンでモップがけしてくれます。

日中は宙に浮いているホコリは夜のうちに床に落ちるので、

朝いちばんにモップがけするのがいいのだそうです。

 

朝に弱い私は、子供達と一緒に起きます(寝かせてくれる夫に感謝です)。

起きて洗顔したら、お茶用の湯を沸かすためにキッチンへ。

 

そして朝ごはんの用意をしながら、洗面所に戻って化粧水。

化粧水がある程度乾くまで、またキッチンに戻って朝ごはんの用意の続き。

家族がごはんを食べ始めたら、洗面所に戻ってヘアメイク。

同時並行で、ごはんと身支度を進めます。

 

小3の長男と保育園年長の長女は起床から出発まで自分で用意できるので、

親は時間配分だけ気にしておけば大丈夫。

 

1歳の次男はもちろん、まだまだお世話が必要です。

私がごはんを用意する間、夫がオムツ替えと着替えをしてくれます。

次男をダイニングテーブルに座らせたら、

私か夫が見る中で、長男と長女にお世話してもらいます。

 

子供達がごはんを食べている間に、夫は自分の身支度。

身支度が終わったらさっと朝ごはんを食べて、

子供達を連れて保育園へ送ってくれます。

そして私も、冷蔵庫をチェックして夕飯のおかずを考えたら出勤です。

 

夜の時間

17:30 私の退勤時間。そのまま保育園に向かいます。

18:15 保育園到着。長女と次男を連れて、家路を急ぎます。

18:45 家に到着。一足先に帰宅している長男が、洗米して炊飯のセットをしてくれています。

19:00 私は夕飯の準備。長男と長女は、明日の登校(登園)の準備と洗濯物たたみ。次男はその間、録画しておいたEテレの番組「いないいないばあっ」を観ています。

19:30~20:00 夕飯スタート。お風呂準備(夕飯食べ終わる頃に沸くようにセット)。夕飯途中に夫が帰宅。

20:30  順番に入浴。大抵私と次男が最後なので、お風呂洗い。残り湯を洗濯機にバケツでくみ出し。

21:00 子供達、歯磨きなど寝る準備

21:30~22:00 子供達、就寝(断乳後は、夫がエルゴで抱っこして次男を寝かし付けしてくれます)

22:00 夜家事時間。私、食器洗い。子供達の連絡ノート(小学校や保育園提出用)書き、保育園の持ち物準備等。夫、洗濯物干し。終わったら自由時間。ブログを書いたり、夫と話したり。

24:00~1:00 私、夫就寝

 

こう書き出してみると、

夫がいかに一緒に子育てしているか改めて実感します。

平日はお互い朝も晩も分刻みで動く感じですが、

家事も育児もふたりで一緒。

お互いができる限りのことをしていると思います。

 

「夫とふたりで子育て」と言いましたが、

夫が仕事で忙しく帰りが遅くなる時には、

長男や長女が次男のお世話をカバーしてくれます。

少し年が離れていることもあり、

上の子ふたりは次男のことをそれはよくみてくれます。

 

家族で回す家事、家族みんなで小さい子のお世話。

実家が遠い核家族夫婦の平日のスケジュールは、

家族ひとりひとりの力で成り立っています。

 

▽子育てに関する記事が、たくさん。 

子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
子育てのつ・ぶ・や・き
 子どものいる暮らし。
育児
 『育児』 キッズ・ベビー・こども
  ▽ランキングに参加しています。画像のクリックで応援いただけると嬉しいです^ ^

▽こちらも応援、よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ