ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小学生2人、保育園児2人)を子育て中のワーキングマザーです。双方の実家から遠く離れた核家族。ラク家事・ラクごはんのシンプルライフを心がけています。

練馬区でブルーベリー狩り。新鮮なブルーベリーをたっぷりと摘んできました


ads by google

ブルーベリー狩りに行ってきました。

f:id:berry-no-kurashi:20180715233358j:plain

わが家の夏の恒例行事、

ブルーベリー狩り。

 

毎年、

練馬区の農園に出かけています。

 

東京都練馬区には

約30か所のブルーベリー観光農園があります。

 

練馬区のブルーベリー観光農園は、

料金が一律。

入園料はかかりません。

 

自分で摘み取った分の重さを計ってもらって、

摘み取り式で100グラム200円です。

 

ads by google

 

 

毎年通っているブルーベリー農園 

わが家が毎年通っているのが、

ブルーベリーフィールズ本橋農園です。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232354j:plain

 

最寄り駅は

西武新宿線の上石神井駅。

 

そこから子供と一緒に歩いて行けば

農園まで30分ほど。

 

今日はあまりに暑いので

バスを利用しました。

 

上石神井駅北口の目の前から

出ているバスに乗り、2駅。

 

愛宕橋(あたごばし)で降りれば

そこから徒歩5分もかかりません。 

 

ads by google

 

 

新鮮なブルーベリー

練馬区のブルーベリー農園の開園時期は

6月下旬から9月です。

 

農園の半分程は

事前の電話予約が必要。

 

農園に着いたら、

入口で受付してもらいます。

 

摘んだブルーベリーを入れるカゴを

入口でお借りして、いざ農園へ。

(ベビーカーは、農園の外に置いておきます)

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232345j:plain

 

まだ未熟な実もありましたが、

粒も大きく甘く熟した実も

たくさんたくさんありました。

ひとつひとつ丁寧に摘んでいきます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232726j:plain

小4の長男も、せっせと摘みます。

 

ブルーベリーフィールズ本橋農園では、

ブルーベリーの木と木の間に

黒いシートが敷かれています。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232321j:plain

 

実はこれが、

わが家がこちらの農園を選んでいる最大のポイント。

 

足元が不安定な場所が全くなく

小さな子供でも安心して楽しめますし

土埃が立たず、何より清潔感があります。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232306j:plain

小1の長女と、1歳の次男もそれぞれカゴを持って摘みました。
 

 

今年のブルーベリーの出来具合

農園のご主人によると、

今年のブルーベリーは豊作。

とても美味しくできているそう。

 

受粉の時期にミツバチがたくさん来て

受粉がうまくいったのだとか。

 

確かに、粒が大きくて

甘く美味しいブルーベリーがたくさんでした。

 

ads by google

 

 

摘んだ後

お会計

わが家が家族みんなで摘んだブルーベリーは、

全部で2.7キログラムもありました。

 

100グラム200円で購入することになりますから

全部で5400円。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232710j:plain

 

家族連れは

たっぷり購入している姿がよく見られましたが、

おひとりや友人同士で摘みに来たらしい方は

1,000円~2,000円くらいの金額で

楽しんでいる方も多かった様子。

 

持ち帰り方

摘んだブルーベリーは

お会計が済んだ後、

しっかりとした厚みのあるビニール袋に入れてもらえます。

 

わが家の場合は電車で帰ることを考えて、

毎年タッパーを持参しています。

 

たっぷり摘んだブルーベリーが

その重みで傷まないように、

今年も入り口付近で

丁寧にタッパーへ詰め替えました。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232718j:plain

 

帰宅後

家に着いたら、

冷たい水でブルーベリーをざっと洗って

水を切ります。

 

半分は冷蔵庫で冷やして

1週間ほどで食べてしまいます。

 

そのまま食べたり、

ヨーグルトに入れて蜂蜜を足しても、

とても美味しい。

 

普段ほとんど果物を食べない夫も

よくつまんでいます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180715232701j:plain

 

あと半分は冷凍して

おやつ作りに使ったり、

ジャムを作ったり。

 

好きな時に食べるのです。

 

今年も家族で楽しんだブルーベリー狩り。

 

ブルーベリーがお好きな方、

練馬区のブルーベリー農園へ

ぜひ一度足を運んでみてくださいね^ ^。

 

▽ご参考

 ブルーベリー観光農園:練馬区公式ホームページ

 


 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしをシンプル&豊かに
にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らし
にほんブログ村テーマ シンプル思考&暮らし

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ