ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、2歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

今夏のお盆は、義実家への帰省を見送ることにしました


ads by google

わが家は、双方の実家から遠く離れて住んでいます。

f:id:berry-no-kurashi:20180528173507j:plain

わたしの実家も、夫の実家も、新幹線で帰省する距離です。

さらに、方向は真逆。

 

それでも子供が生まれてからは、

毎年、お互いの実家に2回ずつ帰省してきました。

お盆と年末年始は、夫の実家。

ゴールデンウィークと秋頃に、わたしの実家。

 

しかし今夏は、義実家への帰省は1回見送ることに。

わたしが妊娠後期であることと、

久しぶりに家族旅行をすることにしたためです。

 

上の子たちが小学生になってから、

少しずつ、家族全員の休みを合わせるのが難しくなってきました。

 

特にスポーツ好きの長男は、

時に毎週、たいてい隔週で、

地域や小学校のスポーツクラスに出かけていきます。

連休中に練習が入る日もあり、

家族全員が揃う連休はなかなかありません。

 

そして、新幹線での交通費もなかなかのものです。

年に合計4回帰省しようと思うと、

家族旅行に行くための予算はなかなか取れませんでした。

 

子供が小さいうちは、

「孫と一緒に過ごす時間を作ることが親孝行」と、

ずっと帰省を優先させてきました。

 

しかし今夏は、あと2か月もすれば4人目が生まれて、

双方の親と会う機会を作れるだろうということがあり、

さらには夫から「久々に旅行に行きたい」という一声もあり、

思い切って家族旅行を計画することに。

 

毎年決まった時期に帰省しているところ、

義父母に「今年は行けません」と伝えなければならない状況には

結構プレッシャーを感じていました。

 

義実家へ電話する時にはドキドキ。

心苦しさを感じましたが、

義母は案外あっさりと「はーい、残念ね」とOKを出してくれました。

 

義父母にも思うところはあったかと思いますが、

息子夫婦の考えだからと気持ちを優先してくれたこと、

感謝したいと思います。

 

そしてわたしも、

子供たちがそれぞれ成人し、伴侶を得たとしたら、

義母のように「了解、了解」と返事をできるような母になれればと思います。

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。