ベリーの暮らし

子供4人(中学生~保育園児)、実家遠方のフルタイム共働き、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。塾なし家庭学習7年目。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

「調べなさい」のバトルと、私が行き着いた解決策


ads by google

国語の勉強で。

休日など、私が一緒にいる時の

小5長女の家庭学習。

 

国語の問題を解きながら、

「お母さん、○○ってどういう意味?」

と聞かれることがよくあります。

 

「○○は、●●だよ」と答えるときもあれば、

「自分で辞書で調べなさい」と答えるときもあり。

 

そして

「辞書で調べなさい」と答えたときは

十中八九、長女は機嫌を損ねます。

 

ads by google

 

 

長女の言い分としては、

「それくらい教えてくれてもいいじゃない」、

「教えてくれればすぐに進めるのに」

だと思います。

 

一方、私の言い分としては

「お母さんが伝えられるのは、お母さんが把握している範囲」

「正確な意味を確認した方がいいから辞書を使って」

です。

 

長女は問題が分からない状態に対して

大きなストレスがかかるタイプなので

さらっと私が知っている意味を伝えた方が

スムーズなのですが

 

私としては

私がいない時間に学習する時間の方が長いこと

(→私がいないときはどうやって解決しているの?)、

 

小学校高学年のうちは

辞書に慣れ親しんで損はない、

という気持ちが強く譲れないのです。

 

ads by google

 

 

幾度となく喧嘩しても

私がいる間は

長女はなかなか辞書に手が伸びません。

 

「○○ってどういう意味?」

「辞書で調べてね」

「教えてね」

「辞書で調べなさい」

「もういい!」

 

ということを幾度も繰り返し、

最近私は思い付きました。

 

長女が国語の問題に取り組むときは、

辞書を一緒に置いておく。

 

 

私が一緒にいるときに

「お母さん、○○ってどういう意味?」

と言われたら、

 

「はいはーい」と

長女の目の前で調べてあげる。

 

いくつか調べれば

気持ちが落ち着くはずで

その途中から

「あとは自分で調べてね」としても

きっとあとは自分でできると思うのです。

 

ads by google

 

 

ひとりひとりの性格に合わせて

少しずつ試行錯誤。

 

今回の解決策がうまくいくと

いいなと思っています。

 


Instagram: berry.kurashi

 

▽色んな学習方法がありますね。

にほんブログ村テーマ お家でお勉強〜ママが先生!

にほんブログ村テーマ 頑張れ!パパ塾ママ塾

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 整理整頓・お片づけ♪

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫

にほんブログ村テーマ 無印良品アイディア帖

 

▽わが家の暮らしが本になりました。

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング