読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

煮魚にするなら、調理してから冷凍するのがおすすめです


ads by google

夕飯の作り置きがすでにある。家族からのリクエストで、今晩は肉料理。

そんな日に立ち寄ったスーパーで、思いがけず魚がお買い得だった

そんな経験はありませんか?

f:id:berry-no-kurashi:20170406161622j:plain

私の場合は、作り置きがある日にそんな時がありました。

買おうかどうしようかと迷っていた時、魚売り場の方に声を掛けられたのです。

 

スーパーの魚売り場で教わったこと

献立が決まっていて買うのをためらっていた私に、「冷凍しておくといいよ」と売り場の方が教えてくれました。

「解凍して使うと味が落ちそうだし」と正直に話すと、「料理してから冷凍しておけばいいんだよ!」との答え。

その答えが、当時の私にとっては目から鱗だったのです。

 

その日の内に、煮魚にしておく

それまでは、お買い得な魚があっても、買ったままの状態で冷凍すると、解凍した時どうしても味が落ちる気がして、買い控えていました。でも今は、煮魚にできる魚なら購入。買ってきたら、その日の内に調理してしまいます。

f:id:berry-no-kurashi:20170406165415j:plain

煮魚にして、粗熱が取れたら、野田琺瑯に入れて冷凍。

マスキングテープで、日付と何の魚か書いて貼っておきます。

野田琺瑯に入れておけば、食べたい時に直火で温めて、すぐ食べられます。

冷凍庫に煮魚があるだけで、作り置きのメインが1品。時短にもなります。

ぜひ試してみてくださいね^ ^

 

野田琺瑯は、他にもいろいろ使えます。関連記事は、こちら。

・野田琺瑯(のだほうろう)は、パンも焼きやすい
・はっさく、甘夏は一気にむいてしまいます
・りんごを使い切りたい時は、シナモンりんごを作ります