ベリーの暮らし

子供4人(中学生~保育園児)、実家遠方のフルタイム共働き、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。塾なし家庭学習7年目。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

子育てする中で、心残りに思っていること


ads by google

後悔しているのに、まだできない。

子育てしている中で

ああしておけばよかった、

と思っていることは

あまりありませんが

 

それでもやはり、いくつかは

「なぜあのときにしなかったのだろう」と

後悔していることがあります。

 

子どもを育てていると

3歳くらいから小学校3年くらいまでは

子どもから「一緒に遊んで!」「一緒にこれやって!」

言われることが多い時期のように思います。

 

そんなとき、私の場合

「お母さん、今ごはん作っているところだから、ちょっと待ってね」

「お母さん、今これしているところだから、また後でね」

とすぐに思ってしまい

そう言ってしまうことが多いです。

 

前からそうだし、今もそうです。

 

ads by google

 

 

そんな私なのですが

ずっと心に引っ掛かっていて

長女にごめんね、

と思っていることがあります。

 

もう5年も6年も前になるでしょうか、

長女が保育園年長のときに

シルバニアファミリー遊びに

夢中になっていたことがありました。

 

シルバニアハウスに

小さな家具を一生懸命並べて、

「おかあさん、いっしょにあそぼ」

と言うのです。

 

そのとき私は

次男を妊娠していました。

 

私は妊娠2か月頃から出産直前まで

長いつわりに苦しむタイプで

家にいるときはいつも

ソファにぐったり寝ころび、

時にウトウトしながら

長女がそばで遊んでいるのを眺めている日が

幾度となくありました。

 

長女から

「いっしょにシルバニアであそぼう」

と言われてても

 

「ごめんね、お母さん、今気持ち悪くて遊べないんだ」

「また今度ね」と答え、

 

私のいつもの返事を聞いて

長女は「こんどあそんでね」と言い

またひとりでシルバニアで遊ぶのでした。

 

ads by google

 

 

次男が生まれてからも長女は

「いっしょにシルバニアやって」と

言うときがありました。

 

そのとき私の体調は

戻りつつありましたが

(つわりに比べたら、産後の体調不良の方が

私にとってはまだまだましだったのです)、

 

そのときも

「赤ちゃん抱っこしながらは難しいから、また今度ね」。

そんなことを言っていたと思います。

 

結局、

長女とシルバニアでたっぷり遊んであげた日は

数えるほどしかありません。

 

長女はあんなに

一緒に遊びたがっていたのに。

 

次男のあとに次女を妊娠し出産、

気付けば数年経っていて。

長女の興味は

シルバニアから他のものに移りました。

今はたまに次女が遊ぶくらいです。

 

シルバニアハウスをのぞき込むようにして

一生懸命小さな家具を並べていた長女の様子を、

今も思い出すときがあります。

 

何度も「シルバニアであそぼう」と言っていたのに、

なんであのときの私は数らえるほどしか

遊んであげなかったんだろう。

 

つわりのときは無理でも

その後は遊んであげられる日はあったはずなのに。

 

ads by google

 

 

 

次女がシルバニアで遊んでいる近くで

長女が本を読んでいるような場面を見ると

 

まだ幼かった長女が

ひとりで遊ぶ姿が思い出されて

申し訳なかったなという気持ちが

心の中に広がります。

 

ずっと心の中にある、

シルバニアハウスを一生懸命のぞきこむ

まだ幼かった長女。

 

きっと、ずっと私の心の中に

残り続けると思います。

 


Instagram: berry.kurashi

 

▽わが家の暮らしが本になりました。 

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング