ベリーの暮らし

都内で4人の子供たち(小学生2人、保育園児2人)を子育て中のワーキングマザーです。双方の実家から遠く離れた核家族。ラク家事・ラクごはんのシンプルライフを心がけています。

ニトリの羽毛布団「かるふわ」を使っています


ads by google

使い始めて、1ヶ月が経ちました。

f:id:berry-no-kurashi:20201025115500j:plain

 

少し前、

今まで使ってきた羽毛布団に

カビが生えていることに気づきました。。

 

▽ショックで落ち込みました・・・(T_T)

www.berry-no-kurashi.com

 

羽毛布団って、値段が張ります。

 

今まで使っていたのは

生協パルシステムで買ったものでした。

子供が増えたら買い足して。

1枚、税込みで25,000円くらいだった気が・・・。

 

これから寒い季節になるし、

一度に4枚もだめになったし

どうしよう・・・

と暗〜い気持ちで考えながら、

 

ニトリなら

ちょっとは購入費用を抑えられるかもしれない、と

その週末にニトリをのぞいてみました。

 

ads by google

 

 

ニトリの店舗には

少なくとも5種類以上の羽根布団が置かれていました。

 

羽毛がどこの国のものか、

どのくらいの密度で入れられているか。

あたたかさレベルがいくつか。

(レベルは1〜6までありました)

 

種類によって、

2倍以上値段が変わります。

 

4枚まとめて購入する必要があるので、

サンプルを触りながら

それはそれは迷いました^_^;。

 

売り場には商品入れ替えのため

「型落ち」の羽毛布団も売られていて、

 

ボリューミィな

いかにも羽毛布団、という感じの立派な布団が

3割引きで売られていました。

 

けれど

3割引きでも1枚2万円超え。

 

うーむ・・・と迷っているところ

次に目を引いたのが「かるふわ」でした。

 

f:id:berry-no-kurashi:20201025115518j:plain

 

このシリーズ、

名前のとおり本当に軽いです。

従来品に比べ40%も軽くなったとか。

 

こんなに軽くて大丈夫?温かいの?

と心配になるくらいの重量。

 

けれど「あたたかさレベル」が5、

そして値段が税込み14,900円(2020年9月時点)。

 

先に迷っていた方と比べて

1枚あたり、5,000円以上安く買えます。

 

ボリューミィか、かるふわか。 

それはそれは、

相当、相当迷いました。。

 

ads by google

 

 

布団売り場から離れて

キッチングッズや掃除グッズ売り場を回りながら

クールダウン。

 

最後は夫の一声

「子供が小さいし、これからもカビが生えないとは限らないんだから、安い方にした方がいいんじゃない」

でかるふわに決めました。

 

確かに

もうカビは生やさないぞ!と心に誓っているものの

生えない確証はありません^_^;。

 

家に迎えたかるふわ、

色が真っ白なので

子供の体調不良時はちょっと心配ですが、

今のところかなり快適に使っています。

 

f:id:berry-no-kurashi:20201025115509j:plain

 

心配だった「あたたかさ」は全く問題なし。

布団に入ってしばらくすると、ぽっかぽかです。

 

カビ、生やさないように気をつけるぞ!

 


 

▽参考になります。

にほんにほんブログ村テーマ シンプルで機能的な生活

にほんブログ村テーマ シンプル+キレイなモノ・コト・暮らし

にほんブログ村テーマ シンプルな道具たち

 

▽わが家の暮らしが本になりました。

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村