ベリーの暮らし

子供4人(中学生~保育園児)、実家遠方のフルタイム共働き、都内60平米賃貸マンションに6人暮らし。ラクして部屋が整う工夫を考えるのが大好きです。塾なし家庭学習7年目。著書:『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)

塾なし家庭学習。未就学児の「プレ学習」スタート


ads by google

下の子たちの、おうち学習。

フルタイム共働きで

中学生から保育園児まで

4人の子どもたちを子育て中です。

 

下の子たち(次男と次女)は、

保育園の年長と年少クラス。

 

そろそろ

次男の家庭学習を始めようと

先日、いくつグッズを購入しました。

 

▽購入したもの3つ

www.berry-no-kurashi.com

 

上の子たちに比べて

学習のスタートが早くなりますが

私に余裕がある日に

少しずつ取り組みます。

 

ads by google

 

 

使っているのは、くもん式のドリル。

3歳からの かたちをとらえるチカラ』という教材です。

 

ひらがなやカタカナ、

足し算や引き算を学ぶよりも先に

「できた!」の気持ちをまず育てたいと思い

このドリルを選びました。

 

鉛筆を持って、まずは

ごく簡単な迷路で運筆練習です。

 

 

ページが進むごとに少しずつ難しくなります。

 

 

5歳の次男が進めていると

3歳の次女も「やりたい」と寄ってきました。

 

 

そう言うと思って、

同じドリルを2冊購入してあったので

「これは○○ちゃんのね」と渡すと

とても満足気に進めていました笑。

 

ads by google

 

 

他には

パズルを組み合わせて

1枚の絵になるよう考えたり・・・

 

 

図形を組み合わせると

どんな形なるか想像したり。

 

 

1ページずつ進めることで

図形や空間を認識する力を

少しずつ養うことができ、

 

今の時点で何がすらすらとできて

どの部分は時間がかかるのか

親の視点から確認することができます。

 

ads by google

 

 

小学校入学前ということで

今のところは

1日何ページ、1日何分と決めて

進めているわけではありません。

 

まずは、

休日にちょこっと進めるだけ。

 

とりあえずは

テーブルの前に座って鉛筆を持ち

指やクレヨンでできることを

鉛筆でもできるようになるところから

始めます。

 

毎日コツコツ進めるのは

まだ数か月先からでいいと思っていて。

 

まずは

正解するって面白いね!

の感覚を育ててから

 

その次のステップとして

自分の思うとおりに

ひらがなを書けるような練習をしたり、

 

指で計算できる足し算、引き算を

「紙を見て、答えを鉛筆で書ける」という練習へ

 

次男の様子をよく見つつ

ちょっとずつ、ちょっとずつ

進んでいこうと考えています。

 

▽使っているドリル

 

小学校入学前の目標は

ひらがな、カタカナを

次男なりに上手に書くことができて

 

2桁+1桁の足し算、

2桁-1桁の引き算を頭の中で計算して

答えを数字で紙に書くことができること。

 

これを目標に進めるつもりです^ ^。

 


Instagram: berry.kurashi

 

▽色んな学習方法がありますね。

にほんブログ村テーマ お家でお勉強〜ママが先生!

にほんブログ村テーマ 頑張れ!パパ塾ママ塾

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 整理整頓・お片づけ♪

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫

にほんブログ村テーマ 無印良品アイディア帖

 

▽わが家の暮らしが本になりました。

 

▽ランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます^^。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング