ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小4、小1、1歳児)、第4子妊娠中。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

【子供の教育】小4の夏休み。塾に通わず、学童や家庭学習で使っているテキスト


ads by google

わが家の子供たちの習い事は、スイミングだけです。

f:id:berry-no-kurashi:20180802123511j:plain

今のところ、少なくとも小学校の間は、

学習塾へ通わせる予定はありません。

小4の長男も、小1の長女も、

小学校での勉強と、家庭学習で学んでいます。

 

今日は、小4の長男が使っているテキストをご紹介します。

 

学童で取り組むテキスト

夏休み。

長男は平日、公立の学童クラブに通っています。

朝8時過ぎに学童へ向かい、帰宅は17時半。

 

学童では午前中に、1時間の学習時間があります。

その時間に、国語と算数を2ページずつ

計4ページのテキストに取り組みます。

 

学習時間に何をするかは、

各家庭の判断に委ねられています。

小学校の宿題をする子もいれば、

読書に時間を使う子もいるようです。

 

長男が今夏取り組んでいるのは、 

国語は、こちら。算数は、こちらです。

どちらも、「百ます計算で有名な陰山メソッドのテキストです。

 

ギュギュっと集中して取り組めるよう、

1ページずつで内容が完結しています。

 

例えば、国語ならこんな感じ。

f:id:berry-no-kurashi:20180802123242j:plain

1ページに収まる文章を読んで、4つほどの質問に答える形式です。

 

算数なら、こんな感じ。

 

角度を求めたり、

f:id:berry-no-kurashi:20180802123234j:plain

 

 

展開図について考えるページなど。

図形を考える時に必要となる知識を振り返ることができます。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180802123226j:plain

 

マル付けは、長男が自分でしてきます。

わたしの役割は、その日進めた分を確認すること。

そして、得意・不得意の分野を確認して、

次どのテキストを使うか決めることです。

 

自宅で取り組むテキスト

自宅では、理科のテキストに取り組ませています。

今回選んだのは、参考書と問題集が一緒になったようなテキストです。

 

f:id:berry-no-kurashi:20180802123217j:plain

 

夏休みの期間に、春学んだポイントを復習。

そして、秋以降学ぶ分野の予習になるようにと選びました。

 

 

同じ自分の子供でも、

長男に選ぶテキストと、長女(小1)に選ぶテキストは異なってきます。

 

その子の性格や、取り組み方へのクセを見ながら選ぶ。

「毎日継続して一定ページ以上取り組むこと」を家庭でのルールにして、

この夏の家庭学習も進めていきます^ ^。

 

▽こちらもどうぞ。

 

▽参考になります。

にほんブログ村テーマ 小学生の家庭学習

にほんブログ村テーマ 笑顔になれる子育て

にほんブログ村テーマ 夏休みの自由研究・自由工作

 

▽ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

▽エキサイトさんの「もの、ごと。」。暮らしの工夫・改善の、ヒント探しにぴったりです。