ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

週初めに作る「お助け料理」、鶏そぼろ


ads by google

週初めによく作る「お助け料理」があります。

料理というよりも、材料、仕掛品といった方がいいかもしれません。

それは、鶏ひき肉のそぼろです。

f:id:berry-no-kurashi:20170606084230j:plain

 

作り方は、簡単

材料

  • 鶏ひき肉 400グラム
  • 砂糖 大さじ1
  • 酒 大さじ1と1/2
  • 醤油 大さじ1と1/2
  • 油 適量

作り方

  1. フライパンに火を入れ、温まったら油を回しいれます。
  2. 鶏ひき肉、砂糖、酒、醤油をすべて入れて、菜箸でぐるぐるかき混ぜます。
  3. 鶏ひき肉に完全に火が通ったら、出来上がり。

鶏ひき肉は、モモ肉、胸肉、どちらでも作ります。両方を混ぜることもあります。

モモ肉であれば脂分が多いのでしっとりと、胸肉ならさっぱりとした感じのそぼろになります。

わが家は薄味&甘さ控えめが好みなので、砂糖は少な目なレシピになっています。

作っておくと、いろいろ使えます

作った鶏そぼろは、3日を目途に食べ切ります。

野田琺瑯のレクタングル深型Mサイズなら1つに、

深型Sサイズなら2つに分けて、冷蔵庫に入れておきます。

 

朝食時、ごはんにかけて、鶏そぼろご飯。

豆腐ステーキの上にかけて、ボリュームアップ。

小松菜などの、青菜のオイル蒸しに混ぜてもおいしい。

おかずに混ぜたり、かけたり、いろいろ使えて便利です。

野田琺瑯に入れておけば、直火にかけて再加熱もできるので、
これからの蒸し暑い季節には安心です。

値段的にも、買い求めやすい鶏ひき肉。

そぼろを作っておけば、他の料理に展開する時にも時短で1品作れます。

いろいろ使えて便利ですよ^ ^

 

「ごはん作り」は、こちらの記事でも。

◇魚焼きグリルは使わない。わが家ではこれで魚を焼いています
◇「味付けなめたけ」は、10分ほどで簡単に作れます
◇煮魚にするなら、調理してから冷凍するのがおすすめです
◇鶏胸肉を買ってきたら、削ぎ切り(そぎ切り)にしておきます
◇お弁当のおかずは、子供からのリクエストで簡単に決めています
◇パン耳レシピ。簡単に、フレンチトーストを作れます

 

ランキングに参加しています。いちごの写真のクリックで、応援いただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

こちらも応援、よろしくお願いいたします^ ^