ベリーの暮らし

ワーキングマザー、3人の子供たち(小3、年長、0歳児)。双方の実家から遠く離れた都内で、家族皆で家事を回し、夫婦で子育て中の暮らしを綴ります。

ごみの日に、ごみ袋をスムーズに交換できるよう工夫していること


ads by google

わが家には、ごみ箱が4つあります。

リビング、キッチン、洗面所、寝室に、それぞれ1つずつです。

f:id:berry-no-kurashi:20170612201322j:plain

燃やすごみの日は、週に2回。ごみは、夫が集積所に運び出してくれます。

出かける前に、各部屋のごみ箱から、袋ごとごみを回収。

それを夫が、ひとつの大きなごみ袋にまとめてくれます。

ごみ袋の交換は、長男のお手伝い

ごみ入りの袋を夫が回収した後、それぞれのごみ箱には新しい袋をセットします。

最近、ごみ袋のセットは長男のお手伝いのひとつ。

ごみが空っぽになったごみ箱に、長男が手際よく袋をセットしてくれます。

交換用のごみ袋は、ごみ箱の中にストック

新しいごみ袋は、それぞれのごみ箱の中にいくつか入れてあります。

そうすれば、新しい袋をごみ箱から取り出して、そのままセットすればいいだけです。

f:id:berry-no-kurashi:20170612201323j:plain

わが家の4つのごみ箱は、それぞれサイズが異なります。

「このごみ箱には、これくらいのサイズの袋」と見つくろうのは私の役割。

ストックを入れておきさえすれば、夫も長男も、迷うことなく袋を交換できます。

小さな工夫ですが、小さなストレスを感じることなく交換できることが大切。

家族みんなで、家事をまわせるように。

これからも小さな工夫を積み重ねていきたいと思います^ ^

「掃除・片付け」の関連記事は、こちらでも。

◇「シンプルな、白い消耗品」は、ここでまず探します
◇バスタオルは、使わない。フェイスタオルに統一したら、ずいぶん洗濯が楽になりました
◇フェイスタオルは3色持って、場所別に使い分けています
◇掃除をすると、なぜ前向きな気持ちになるんだろう?その答えの一片を得ました
◇シンプルな物干しハンガー。ピンチを替えたら、ずっと使えます
◇はさみは同じものを3本買って、よく使う場所に置いています

ランキングに参加しています。いちごの写真のクリックで、応援いただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

こちらも応援、よろしくお願いいたします^ ^